KYOTO EXPERIMENT 2014|京都国際舞台芸術祭

2013年9月27日-10月19日

She She Pop 『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 Theater|BERLIN 新作(共同製作)|日本初演 10/4-10/5

  • photo: Doro Tuch

    photo: Doro Tuch

  • photo: Doro Tuch

    photo: Doro Tuch

  • photo: Doro Tuch

    photo: Doro Tuch

  • photo: Doro Tuch

    photo: Doro Tuch

「春の祭典」を母と踊る?!
儀式性の中で、現代の女性の姿をアクチュアルに描き出す

演出家、脚本家、俳優といった役割をあえておかず、創作は常にメンバー共同で行うユニークなスタイルの女性アーティスト集団、She She Pop。昨年のKYOTO EXPERIMENT では、手紙、日記、写真などを無造作に取り出し、個人の記憶を紐解きながら、互いの揺れ動く関係性、心情を露わにしていく作品『シュプラーデン(引き出し)』を上演。そこには、激動する20 世紀後半のベルリンの政治状況が刻印され、壁の両側で生まれた女性たちの生き様と大文字の歴史が巧みに浮かび上がり、前評判に違わぬ興奮があった。

ストラヴィンスキーの傑作バレエ音楽「春の祭典(原題:La Sacre du Printemps)」に想を得た本作。その音楽に流れる野性的で強烈なリズムを通奏音に、She She Pop とその母親たちが、家族や社会における女性の存在を描き出す。本作のクリエーションのため昨年京都に滞在していた間には日本の神話や家族社会学における女性の自己犠牲について取材、さらに日本の女性たちへインタビューを行った。男女の間そして母と娘の間でしばしば生じる自己犠牲にまつわるこの世の問題に、この音楽が本来持つ神への捧げものとしての「犠牲」といった宗教的な領域を重ね合わせ、She She Pop が入り組んだ素材を絶妙にまとめ上げる。なお、本作はKYOTO EXPERIMENT との共同製作作品となる。

公演日時

10月 4日 (土) 19:00-
5日 (日) 14:00-*◎

*ポスト・パフォーマンス・トーク有り
◎託児サービスあり(有料・要予約)

※受付開始・当日券販売→開演の60分前

会場

京都府立府民ホール“アルティ”

〒604-8156
京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1

※地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、6番出口より南へ徒歩5分
※京阪「出町柳駅」2番出口より、市バス201系統「千本今出川・みぶ」ゆき、または、203系統「北野天満宮・西大路四条」ゆき、「烏丸今出川」下車、烏丸通を南へ徒歩5分。

上演時間

90分

言語

ドイツ語(日本語・英語字幕あり)

チケット料金

一般 前売 ¥3,500/当日 ¥4,000
ユース・学生 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
シニア 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア ¥6,000(前売のみ)

※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由

チケット購入ページヘ

関連イベント

She She Pop レクチャー&ディスカッション(大阪)

日時:10月6日(月)18:00-20:00

会場:大阪大学会館1階 21世紀懐徳堂スタジオ

参加無料/通訳付き


アーティストトーク She She Popのリサ・ルカッセンとセバスチャン・バークを迎えて(東京)

日時:10月7日(火)19:00-

会場:ドイツ文化会館ホール

 

託児

以下のステージでは託児サービスがご利用いただけます。

10月 5日 (日) 14:00-

特集

PageTop