KYOTO EXPERIMENT 2016 AUTUMN|京都国際舞台芸術祭

2016年10月22日-11月13日

Event(イベント)

小泉明郎「告白ワークショップ」Workshop

告白行為をビデオカメラに収めるワークショップです。

このワークショップは、いきなり参加者にカメラの前に座って告白してもらうものではありません。まず告白行為の前準備として、心を開き、より心の深部まで意識を巡らせ、より告白行為に伴なう心理的緊張感を緩和することを目的とした、準備時間を設けたいと考えています。特別講師としてお招きする田中徹さんの指導のもと、身体をリラックスさせ、普段とは違う意識の働きと時間の流れを意識化させ、参加している他人の心にも触れ、告白しやすい雰囲気をグループと共に時間をかけて作ります。
その上で参加者には、一人でカメラに向かってもらい、日常生活では抑圧しているような欲望や、誰にも打ち明けることのできない過去などを、告白してもらいます。音声は録音しませんので、告白の内容は本人にしかわかりません。

映像には、告白者の表情と告白している様子だけが無音で収められます。人間は、普段抑圧 しているトラウマや欲望をあえて言語化し、その言葉を自らの口から発し、また自らの耳で聞き、己の闇と向き合う時、どのような表情をするのでしょうか。またそのような体験は、個人にどのような変化をもたらすのでしょうか。
そんな体験ができる、またそんな人間の姿に触れられるワークショップにしようと考えています。
(※撮影した映像は、今後の作品に使用されるかもしれません。)

スケジュール
10:00‒10:15 オリエンテーション
10:15‒15:00 ワークショップ(講師:田中徹)
途中1時間の昼食休憩があります
15:20‒17:20 撮影
17:30‒18:00 鑑賞会

日時:2016年11月6日(日) 10:00-18:00
会場:京都芸術センター ミーティングルーム2
講師:小泉明郎、田中徹
定員:10名

◎申込
こちらのフォームより
※見学をご希望の方は京都芸術センターにお問い合わせください。



田中徹
パリ・コンセルヴァトワール教授ワダユタカ 、ナターリア・ペトローワなど複数のロシア功労芸術家達からロシア国立演劇大学と同じカリキュラムで俳優教育を受ける。恩師たちの演出により「かもめ」「桜の園」などで主演。2009年よりスタニスラフスキー・システムにのっとりのべ7000人以上を演技指導。ロシア大使館より特別推薦。2015年セルビア国際演劇祭に主演で参加。セルビア国中のメディアで話題になる。コンペティションでは第4位に。役に立つスタニスラフスキー・システムを楽しくわかりやすく教えることでは定評あり。現在大阪にてスタジオ・アクターズアートを主宰。多くの俳優を指導している。
www.stanislavsky-system.com

tanaka-toru



[展示]小泉明郎『CONFESSIONS』
イベント一覧へ戻る
PageTop