KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING|京都国際舞台芸術祭

2016年3月5日-3月27日

チョイ・カファイ
『ソフトマシーン:スルジット&リアント 』
Dance|SINGAPORE and BERLIN 日本初演 3/11-3/13

  • 『ソフトマシーン:リアント』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:リアント』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

  • 『ソフトマシーン:リアント』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:リアント』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

  • 『ソフトマシーン:リアント』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:リアント』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

  • 『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

  • 『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

  • 『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

  • 『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

    『ソフトマシーン:スルジット』ビデオスチル ©Choy Ka Fai

アジアにおけるダンスの現在地を探る途方もない試み

ダンサーに刻まれた記憶や経験、身体言語を探り、掴みとること。ベルリン在住のシンガポール人アーティストのチョイ・カファイは、アート、デザイン、テクノロジーを援用しながら、振付家やダンサーへのリサーチを続けている。なかでも、2012年のKYOTO EXPERIMENTでスタートした作品シリーズ『ソフトマシーン』は、アジアにおけるコンテンポラリーダンスのインデックスを作成しようとする試みであり、京都ではcontact Gonzoの塚原悠也がその俎上にあげられた。

その後もリサーチ、制作が続けられている『ソフトマシーン』から、今回はインドのスルジット・ノングメイカパム、インドネシアのリアントという、ふたりのダンサー・振付家との作品が紹介される。それぞれの国の古典舞踊を学びながら、伝統に留まらないコンテンポラリーな活動を続けるふたり、そのドキュメンタリー作品でありながら、アジアへの図式的理解を食い破るダンサーの豊穣な身体を目撃する機会ともなるだろう。また、アジア的身体へと深く潜っていくリサーチの行方は、日本の観客にとってダンスに限定されない切実さをもって浮かび上がるに違いない。

公演日時

3月 11日 (金) 19:30-
12日 (土) 15:00-*◎
13日 (日) 19:00-

*ポスト・パフォーマンス・トーク

※受付開始・当日券販売→開演の60分

◎託児サービスあり(有料・要予約)

<当日券について>
会場にて開演1時間前より販売予定です。
各公演当日の午前11時半頃に、以下に最新情報を更新いたします。 お電話のお問合せも受け付けております。
チケットセンター TEL: 075-213-0820(11:00-20:00)
当日券情報はこちら

会場

京都芸術センター 講堂

〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

※地下鉄烏丸線「四条駅」、阪急京都線「烏丸駅」下車、徒歩5分

上演時間

100分(休憩含む)

言語

英語(日本語での逐次通訳および字幕あり)

チケット料金

一般 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
ユース・学生 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
シニア 前売 ¥2,000/当日 ¥2,500
高校生以下 前売 ¥1,000/当日 ¥1,000
ペア ¥4,500(前売のみ)

前売チケット発売中

※ユースは25歳以下、シニアは65歳以上
※全席自由

チケット購入ページヘ

託児

以下のステージでは託児サービスがご利用いただけます。

3月 12日 (土) 15:00-

展示

展示「ソフトマシーン:エクスペディション」

カファイによるアジアのダンスの現在地を探る探検(エクスペディション)の旅を通して集められた、ドキュメンタリー映像や振付家/ダンサーなどへのインタビューなどのアーカイヴで構成したインスタレーション。

会期:3月5日(土)–3月13日(日)
会場:京都芸術センター フリースペース
会期中無休・入場無料

特集

最新ニュース

PageTop