KYOTO EXPERIMENT 2017|京都国際舞台芸術祭

2017年10月14日-11月15日

Support(寄付・サポート)

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」の趣旨にご賛同いただき、
ご支援をいただける個人や企業を募集しています。
皆様のご支援をお願い申し上げます。

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介する、京都初の国際舞台芸術祭として、京都・国内・海外から先駆的な表現を追求するアーティストを毎年紹介してきました。
また、若手アーティストの発表の場としての「フリンジプログラム」、そのほか展示やワークショップやレクチャーなどの関連企画も多数実施しています。フェスティバルを通して国際的なアーティストとの共同製作を積極的に行い、海外の諸都市の劇場やフェスティバルやネットワークの構築に努めており、多くの観客と舞台芸術のプロフェッショナルから存在を認められるところとなりました。

そしてこのたび、8回目となるフェスティバルを2017年10月に開催します。
国内外のアーティストと共に作品を製作する「創造するフェスティバル」として、また「創造」と「交流」の実験の場として、京都という都市が国際的な舞台芸術のプラットフォームとなることを目指しています。このように、KYOTO EXPERIMENTは、舞台芸術(演劇、ダンス、アート)による国際交流、若手支援、京都内外の文化芸術に関わる人たちの有機的なネットワーク形成、人材育成を通じて、地域の文化力向上に尽力します。

概要・特典

寄付・協賛の金額に応じて特典をご用意しております。

寄付・協賛の方法

寄付・協賛の方法は、ご希望にあわせて下記の2種類からお選びいただけます。
優遇措置:「公益社団法人企業メセナ協議会(特定公益増進法人)」を経由してKYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭へ寄付をしていただきますと、税額控除の対象となります。詳しくは、下記のリンク先のページをご覧ください。

寄付方法1.直接振り込みをいただく場合

下記のお申込みフォームから、必要事項を添えてお申し込みください。

お申込みフォーム

振込先

京都銀行 三条支店 普通口座 4205773
「京都国際舞台芸術祭実行委員会 実行委員長 森山直人」

寄付方法2.企業メセナ協議会を通してご寄付をいただく場合

京都国際舞台芸術祭実行委員会へご寄付いただく際に、公益社団法人企業メセナ協議会(特定公益増進法人)を経由していただきますと、税額控除の対象となります

ご支援者から京都国際舞台芸術祭実行委員会への寄付金の流れ

法人(企業/団体様)でご寄付をいただく場合

所定の一般の寄付金の損金算入限度額とは別枠で、下記の算式で損金限度額まで算入されます。

特定公益増進法人に対する寄付金の損金算入限度額
=(資本等の金額※×0.375%+所得の金額×6.25%)×1/2
資本金等*の額1,000万 所得の金額1,500万の場合の損金算入限度額
(10,000,000×0.375%+15,000,000×6.25%)1/2 = 487,500円

※資本金と資本積立金額の合計額

個人様で2,000円以上ご寄付をいただく場合

確定申告を行うことで、寄附金控除として所得金額から控除され、「A.所得税」及び 「B.復興特別所得税」が還付される場合があります。

所得控除制度、税額控除制度のいずれかが選択適用できます。
最寄りの税務署等にご相談の上、有利な方を選択して頂けます。
所得控除 その年中に支出した寄付金合計※-2,000円=寄付金控除額
税額控除 その年中に支出した寄付金合計※-2,000円×40%=寄付金特別税額控除額※※

※寄付金額は年間所得額の40%が限度
※※寄付金特別税額控除額は所得税額の25%が限度

上記制度を利用しての当法人へのご寄付をいただく際は、通常の寄付とは、お振込み方法が変わります。
お手数ですが以下ボタンより事務局までお問い合わせ下さい。

事務局へのお問合せ

寄付・協賛に関するお問合せ

KYOTO EXPERIMENT事務局(平日 11:00-19:00)
〒604-8152 京都市中京区烏丸通蛸薬師下ル手洗水町645 flowing KARASUMA 2F
TEL 075-213-5839 FAX 075-213-5849

PageTop