KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING|京都国際舞台芸術祭

2016年3月5日-3月27日

Event(イベント)

地点『スポーツ劇』プレイベント レクチャー+上映会Lecture & Screening

これまでも様々なテキストをモチーフにして、あるいは直接引用することによって作品を書き続けて来たノーベル賞作家、エルフリーデ・イェリネク。
言葉とイメージが渦まく長大な戯曲は、しばしば「難解」の一語で形容されがちです。同時に、イェリネクの魅力とは正に、濁流となって押し寄せる言葉とイメージの氾濫であると言ってよいでしょう。
地点『スポーツ劇』の上演を前に、改めてイェリネクの世界を堪能する3時間のレクチャー+上映会を開催します。
Jelinek
エルフリーデ・イェリネク ©Hilde Zemann



日時:2016年2月25日(木)18:00–21:30
会場:ロームシアター京都 会議室 アクセス

18:00–19:30 レクチャー「モンタージュの作家・イェリネクの詩学」
講師:福岡麻子(神戸大学国際コミュニケーションセンター 准教授)

あらゆることが複製可能になった現代において、なお言葉によって何事かを伝え、訴えることをあきらめない、作家イェリネク。イェリネクを専門に、文学と造形芸術の関係性を研究してきた福岡麻子氏を講師にお迎えし、イェリネクの戦略を紐解くことで、作家が何に抗い、何を勝ち取ってきたか、考察します。当日は、日本では邦訳が未出版の『スポーツ劇』のテキストを一部紹介する予定です。


19:40–21:30 上映:地点『光のない。』記録映像

東日本大震災とそれに続く原発事故をモチーフにして書かれた戯曲『光のない。』。
2012年に初演され、2014年にKYOTO EXPERIMENTで再演されたこの作品の記録映像を上映します。

KeinLicht_6_w710
photo: Hisaki Matsumoto


定員:30名 ※定員に達したため、申込を終了しました。
入場料:1,000円(当日受付にて地点『スポーツ劇』チケットご提示で 500円)
申込: 申込みフォームよりお申込みください。

映像提供:フェスティバル/トーキョー
主催:KYOTO EXPERIMENT

イベント一覧へ戻る
PageTop