KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING|京都国際舞台芸術祭

2016年3月5日-3月27日

提携プログラム
ロームシアター京都オープニング事業
「搬入プロジェクト—京都・岡崎計画—」
Project|YOKOHAMA 提携プログラム 3/5−3/27

KYOTO EXPERIMENT2014での上演『わが父、ジャコメッティ』の記憶も新しい「悪魔のしるし」が今回は代表作『搬入プロジェクト』を携えて上洛します。ロームシアター京都によるプロデュースのもと、入らなそうでギリギリ

入るサイズと形状の巨大な物体を京都市内の大学生とともに設計・製作し、上演当日会場に居合わせた人たちとともに搬入作業を行います。上演後その物体はKYOTO EXPERIMENT会期中を通じて館内で展示されます。

概要

搬入本番 3/5 (土) 15:00–(約1〜2時間を予定)
物体展示 3/6 (日)–3/27 (日)

会場:ロームシアター京都
(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
料金:無料

主催:京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)
共催:KYOTO EXPERIMENT

*詳細:ロームシアター京都公式ウェブサイト http://rohmtheatrekyoto.jp/program/2218/

『搬入プロジェクトー京都・岡崎計画ー』特設サイト

「キックオフミーティング」のページでは、各参加アーティストが「計画・設計」/「展示・記録」/「リサーチ」/「広報・制作」の役割でどのようにプロジェクトに臨むのか、読み応えあるテキストと共に紹介しています。 また、過去の「搬入プロジェクト」の記録や関係者からのメッセージも掲載し、「搬入プロジェクト」がもつ多様な可能性に触れることができます。 今後はプロジェクトが進むごとに随時更新予定です。

お知らせ

本プロジェクトにて、参加アーティストとともに物体の設計・製作や搬入計画の立案から、広報、展示とその記録までを担う、学生プロジェクトメンバーを募集します。
[募集締切:2015年12月18日]

*詳細はこちら

参加アーティスト

危口統之(演出家、「悪魔のしるし」主宰)
石川卓磨(建築家)
宮村ヤスヲ(グラフィックデザイナー)
岡村滝尾(プロダクションマネージャー)
[以上、「悪魔のしるし」メンバー]
山城大督(美術家、映像ディレクター、ドキュメント・コーディネーター)ほか

プロフィール

悪魔のしるし
主宰で演出家の危口統之(きぐちのりゆき)を中心に、演劇・パフォーマンス・建築美術など、多様な要素を持つ異色のメンバーの集まりとして注目を集める。 作風は、演劇的な要素の強い舞台作品と祝祭的なパフォーマンス作品の二つの系統に分かれる。これまでに、フェスティバル/トーキョー、KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭、瀬戸内国際芸術祭、越後妻有トリエンナーレなど、日本を代表する芸術祭に参加。海外からの招聘公演も多数。

悪魔のしるし公式ウェブサイトwww.akumanoshirushi.com

お問合せ

ロームシアター京都
Tel 075-771-6051(土日祝除く9:00–17:00)

関連イベント

KYOTO EXPERIMENT 2016 SPRING オープニングイベント岡田利規×危口統之×塚原悠也「劇場をめぐる座談会」
日時:2016年3月6日(日)
会場:ロームシアタ—京都
料金:無料(予約不要)

PageTop