TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2017

FEATURES:Report

自転車部2017「自転車はしごツアー」レポート

KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2017のテーマは、《内なる他者との出会い》。
同時代に生きるアーティストの作品を複数鑑賞することで、そのテーマをより体感していただきたいと考えています。
そこで「はしご観劇」を発信するために立ち上がったのが、KYOTO EXPERIMENT自転車部。はしご観劇とはその名の通り、一日に演目をいくつも見る観劇の仕方です。

今回想定したコースは、10月21日(土)の2公演。
13:00– 京都芸術センターにてパク・ミンヒ『歌曲(ガゴク)失格:部屋5 ↻』
19:00– ロームシアター京都にて田中奈緒子『Unverinnerlicht - 内在しない光』
劇場間のルートだけではなく、小腹を満たすおすすめテイクアウトのお店情報など、盛りだくさんでお届けします!

>>> 公演カレンダーPDF(ダウンロード
>>> 自転車をお持ちでない方は、ページ下部のレンタサイクル情報まとめをご覧ください
>>> 徒歩+公共交通機関はしごツアーはこちら

京都芸術センターからロームシアター京都へ

京都芸術センターは、元小学校の校舎を活用しており、教室のドアや窓、建物全体に漂う香りがどこか懐かしさを感じさせます。そんな京都芸術センターには、図書室や情報コーナーもあります。情報コーナーには、京都市内外で行われるギャラリーや美術館、コンサートホールや市民講座のチラシ、DMがたくさん置いてあるので、情報収集にもってこいですよ。
また、センター内には「前田珈琲明倫店」が併設されていますので、ひと休みにオススメです。

館内には10/15まで開催の「アジア回廊 現代美術展」の展示作品がたくさん。

「fiveran」のパン。観劇の合間に小腹を満たすのにぴったり!

芸術センターからロームシアター京都までは、自転車で20分ほど。まず、建物を出て北(右)に向かい、御池通まで出ます。そして東(右)に曲がり直進、鴨川までまっすぐ行きます。御池通は比較的道幅が広いため自転車も通りやすいです。しかし人通りも多いため、安全運転で。京都の道に慣れている方は、小道に入るのもコツ。次は、鴨川に沿って北(左)へ向かい川端二条の交差点で東へ、二条通に入ります。その道に沿って東へ向かうとロームシアター京都に着きます。

芸術センターから少し北へ向かったところに「fiveran」というパン屋さんがあります。菓子パン、調理パン、ハードパンと種類も豊富、珍しい組み合わせのパンもあり見ているだけでわくわくします。自転車部メンバーのグルメ博士・小河さんは、ブルーチーズのパンが美味しいとおすすめ。小さいサイズのパンもあるので小腹がすいた時にも食べやすいです。

岡崎エリアおすすめテイクアウトのお店

ロームシアター京都がある岡崎エリアには、素敵なカフェがたくさんあります。「オ・タン・ペルデュ」はフランス料理のカフェで、キッシュやパテ、サラダなどのデリ、ケーキが揃っています。ランチからディナーまであり、流れる白川を眺めながらゆったりと食事が楽しめます。
「祇園饅頭」は四条の南座西側にも店舗がある江戸時代(文政年間らしい)から続くお店。その工場が東山三条の白川を北に入った路地にあり、工場直販のお餅を戴くことができます。どれも美味しいですが、特にニッキ味のしんこがおすすめです。
(文:澤田)

(上)オ・タン・ペルデュ (下)祇園饅頭の工場直販のお店

(上)ラ・ヴァチュール (下)リンデンバーム

「ラ・ヴァチュール」は、個人的には“おばあちゃんの味”というイメージのあるタルトのお店。今はおばあちゃんから孫の世代へ30年超にわたり受け継がれて、昔のフランスの味を守り続けています。ロームシアター京都からも近く、観劇の前後、合間の休憩に如何でしょう。テイクアウトもできます。
「リンデンバーム」は、フランスのアルザス地方のシャルキュトリーをテーマにした自家製ソーセージ、ハム、テリーヌ、お惣菜が楽しめるお店です。ロームシアター京都から少し北西側にあり、見た目にも華やかなランチボックスを持って、鴨川河川敷や岡崎公園でいただくのも良いと思います。

ロームシアター京都のめぐり方

自転車での来場は京都市美術館別館の北側にある駐輪場を利用いただきます。ロームシアター京都の入口はいくつもあり、中は迷路のようにもなっています。サウスホールはファミリーマートのある入口からすぐ左へ。田中奈緒子さんの作品が上演されるノースホールは、サウスホールを通り過ぎまっすぐ進んだ先にあり、階段かエレベータで地下へ降ります。会場に着席するまで少しかかりますので、時間に余裕をもってお越しください!
また、1F総合案内の近くにロームシアター京都発着のバス情報がまとめられた案内板がありますので、バス利用の方はご活用ください。

案内板でバスの時間もチェックできます!

大きなソファでしばしゆっくり。

また、ロームシアター京都には人々が集い憩う場所をコンセプトとしたパークプラザというエリアがあります。1階はスターバックスコーヒーと「京都岡崎 蔦屋書店」、2階はカフェ&レストラン「京都モダンテラス」、3階は京都岡崎 蔦屋書店プロデュースの展示スペース(館内はすべて禁煙で、喫煙スペースは3階のテラスにあります)。
3階は広々とした空間に自由に閲覧できる書籍が配架されており、開演までの時間を有意義にお過ごしいただくことができます。劇場へと向かう階段を降りた2階共通ロビーが「RAM CAMP in Kyoto 2017」の展示が行われるスペースとなっています。
(文:小河)

今回ご紹介したモデルコースの他にも、たとえば、10月14日(土)には以下のような現代美術を満喫できる組み合わせが。
1) narifuri企画展「金氏徹平 自転車が街を彫刻する」 @アンテルーム京都(11月5日まで開催)
2) 東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」 @二条城、京都芸術センター(10月15日まで開催)
3) 金氏徹平『tower(THEATER)』 @ロームシアター京都

また、フリンジ「オープンエントリー作品」とのはしご観劇など、組み合わせは自由自在です!
ぜひ京都の秋・芸術の秋を満喫してください!

レンタサイクル情報
【レンタサイクルえむじか出町柳店】京阪出町柳駅を拠点にめぐる方へオススメ
京阪出町柳駅からすぐのところにあるレンタサイクル。祇園店もあります。圧倒的な所有台数なので、予約不要でレンタルできるのが魅力

【京都岡崎 蔦屋書店】ロームシアターを拠点にめぐる方へオススメ
先ほどご紹介したロームシアター京都1階にある京都岡崎 蔦屋書店にレンタサイクルがあります。デザインにもこだわった自転車で、岡崎の街並みにも合いそうです。

【京都ゆるチャリ倶楽部】JR京都駅や京阪七条駅からいらっしゃる方へ
河原町七条にあるレンタサイクルのお店。当日であれば、夜遅くでも返却可能で比較的安価なところが利点です。

記事内で紹介した店舗情報
【fiveran(ファイブラン)】
Tel. 075-212-5696/9:00−19:00/定休日:毎週火曜日、第1・第3週水曜日

【Au Temps Perdu(オ・タン・ペルデュ)】
Tel. 075-762-1299/11:00−20:30/定休日:月曜日 (祝日は営業・不定休あり)

【祇園饅頭】
Tel. 075-771-1353/10:30−夕方ごろまで

【La Voiture(ラ・ヴァチュール)】
Tel. 075-751-0591/11:00−18:00/定休日:月曜日

【charcuterie LINDENBAUM(リンデンバーム)】
Tel. 075-751-0786/10:00−19:00/定休日:毎週水曜日及び別日で月2回

【京都岡崎 蔦屋書店/スターバックスコーヒー京都岡崎 蔦屋書店】
Tel. 075-754-0008/8:00−22:00

【京都モダンテラス】
Tel. 075-754-0234/8:00−23:00

*お店の情報は2017年9月30日のものです。営業時間などの詳細は各店にお問合せください。

自転車部2017
写真・構成:西村藍(KYOTO EXPERIMENTインターン)
取材・文章:小河広志、澤田琳(KYOTO EXPERIMENTサポートスタッフ)

一覧へ戻る