TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2018

フリンジ「オープンエントリー作品」

若州人形座

P-act企画 若州人形座朗読公演 随想「閑話 一滴(かんわ いってき)」ーその2ー

Other

2018年 10月18日−10月22日

京都・河原町今出川の小さなスペースP-act で観る、間近で感じる朗読公演

水上勉が昭和61年にPHP誌に依頼されて、日頃の身辺随想をつづった「閑話一滴」という本より抜粋して、女性二人で読む朗読公演にした作品です。
水上氏の創設した若州人形座は、竹人形文楽を上演していますが、その竹人形が出来る工程や、原発のある氏の故郷への思い、などが綴られています。昭和に書かれたものなので、状況や情報が今とは少し変わっているところもありますが、その思いは今も色褪せずに私達に語りかけているような気がします。
実際に竹紙や竹人形を見せたり、観ても聞いても楽しめる、懐かしくなったり、共感を持ったり、観たあとに、いろいろ考えさせられる朗読公演です。

日時

10月18日(木)19:00
10月19日(金)19:00
10月20日(土)14:00 / 19:00
10月21日(日)14:00 / 17:00
10月22日(月)14:00

(各回とも、開場は開演の30分前。要予約)

会場

P-act 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448 清和テナントハウス2F

Google mapで見る

チケット料金

¥1,500

プロフィール

若州人形座

作家の故水上勉が設立した福井県大飯郡の『若州一滴文庫』の文化活動の一環として旗揚げし、若州一滴文庫くるま椅子劇場ほか、全国各地で様々な竹人形文楽を上演。
2016年、水上勉作『随想 水上勉を読む「閑話一滴」』の朗読公演を、京都のP-actと若州一滴文庫で開催し、好評を博した。続編を希望する声をたくさんお寄せいただき、2018年、続編を上演する。

 

<お問い合せ>
090-1139-2963/p.actmail0841@gmail.com
http://www.jyakusyuu.com/

 

※「オープンエントリー作品」に関する詳細は、KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイトおよび各カンパニー/アーティストのウェブサイトをご参照ください。
※KYOTO EXPERIMENTでは「オープンエントリー作品」のチケットを取り扱っておりません。チケット取扱いに関しては、直接各カンパニー/アーティストにお問合せください。

KYOTO EXPERIMENT 2018京都国際舞台芸術祭

2018年10月6日-10月28日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、9回目となるフェスティバルを
2018年10月6日から10月28日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2018

Copyright © 2018 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.