TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2018

NEWS

「性教育」をテーマにシンポジウム開催(7月10日)

2018.06.19

シンポジウム「海外の“性教育”からみた日本ー社会構造と「性意識」形成の関係を結びながらー」

10月から約3週間にわたって京都で開催する「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭2018」。
今年は「女性」をキーワードに世界各地から舞台芸術作品を紹介します。そこで、観客の皆様が『女性』にまつわる現代社会の諸問題についてより深く考える手助けになるよう、「性教育」をテーマに掲げたシンポジウムを開催します。

このシンポジウムでは、表現におけるジェンダーの問題とも密接に結びついている「性教育」の側面から、「女性」を考えます。クリエイティブの分野では国際的な視座で物事をとらえることが常に求められていますが、性教育において「後進国」といわれる日本の性教育。世界および日本の性教育の成り立ちやその目的などを改めてレクチャーしていただきながら、性教育にまつわる周辺を多角的に考察することで、その背後にある現代の社会構造を浮かび上がらせます。
 

7月10日(火)18:00〜20:00
ワコールスタディホール京都
京都府京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル
[最寄駅]京都駅八条口より徒歩7分
※駐車場、駐輪場はございません。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
 
入場無料(要予約)
定員:50名
お申込み:専用フォームから

     
 
パネリスト:
古久保さくら(ジェンダー研究者、大阪市立大学)
パトウ・ムスマリ(医学研究科博士、京都大学)
山田創平(社会学者、京都精華大学)
橋本裕介(KYOTO EXPERIMENT)

モデレーター:
国枝かつら(ロームシアター京都/キュレーター)
 
 
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2018 10 月6日(土)–10月28日(日)
主催:京都国際舞台芸術祭実行委員会[京都市、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター]
協力:ワコールスタディホール京都
お問合せ:KYOTO EXPERIMENT 事務局 TEL: 075-213-5839 E-mail: info@kyoto-ex.jp 
 

一覧へ戻る

KYOTO EXPERIMENT 2018京都国際舞台芸術祭

2018年10月6日-10月28日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、9回目となるフェスティバルを
2018年10月6日から10月28日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2018

Copyright © 2018 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.