TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2018

公式プログラム

田中奈緒子

『STILL LIVES』

AllVisual Art日本初演

2018年 10月13日−10月16日元離宮二条城 二の丸御殿台所

TICKETS

歴史の痕跡を撫でるように巡る光時計
物言わぬオブジェクトから紡ぎだされる知覚の物語

美術家としてのバックグラウンドから出発し、インスタレーション・パフォーマンスという形式によって独自の領域を拓く田中奈緒子。2011年から取り組む「影の三部作」最終章の『Unverinnerlicht - 内在しない光』を昨年のKYOTO EXPERIMENTで上演、光と影による静謐で強靭な表現で観客をひきこんだ。同じくドイツを拠点とするパフォーマー/コレオグラファーの芝原淑恵をコラボレーターに迎えた最新作『STILL LIVES』は、そのタイトルにふたつの意味を隠している。ひとつは絵画の様式である「静物画」、もうひとつは「It still lives.」——まだ、生きている。
場の個性が大きく作用する本作。今回上演されるのは、日本の近代化にとって象徴的な存在でもある世界遺産・二条城だ。さまざまな時間を経てきたこの空間に、田中は作品を通じて対話を持ちかける。プラスチックの膜は波のようにさざめき、時計のように巡る光が影を投げ、運びこまれる家具はどこかが欠け、あるいは歪んでいる。田中は、理解のための起承転結を差し出すのではない。見るものひとりひとりの内部に微細な知覚の物語が立ち上がるのを、待っているのだ。

.

日時

10月13日(土)20:00-
10月14日(日)17:30- / 20:00-
10月15日(月)19:00-*
10月16日(火)19:00-

*ポスト・パフォーマンス・トーク。
詳細は後日お知らせします
上演時間:70分

会場

元離宮二条城 二の丸御殿台所

アクセス

年齢制限や注意事項など

開演後は途中入場不可
未就学児入場不可

料金

一般 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
ユース・学生 前売 ¥2,500/当日 ¥3,000
高校生以下 前売・当日共に ¥1,000
ペア ¥5,500(前売のみ)

※ユースは25歳以下

フリーパスやセット券情報

チケット購入

当日券について

会場にて開演1時間前より販売予定です。
各公演当日の午前11時半頃に、以下に最新情報を更新いたします。 お電話のお問合せも受け付けております。
チケットセンター TEL: 075-213-0820(11:00-19:00)

当日券情報

プロフィール

田中奈緒子Naoko Tanaka

Photo by Henryk Weiffenbach

1975年東京生まれ。美術家(インスタレーション/パフォーマンス)。ドイツ、ベルリン在住。

1999年に東京芸術大学大学院美術研究科修士過程を修了後、ユニオン造形文化財団在外研修員としてドイツ・デュッセルドルフ芸術アカデミーへ留学。2001-2009年、同地でコレオグラファーであるモルガン・ナルディと共にアーティスト・ユニット「ルディカ」として活動し、造形芸術と舞台芸術が深く融合したパフォーマンスやインスタレーション作品を多数発表。2010年、コンセプトから舞台造形、演出、音響、パフォーマンスまで全て一人で担当する制作スタイルでソロ活動を始め、共同制作/分業が一般的である舞台芸術の分野において、作家自身がパフォーマーとしてインスタレーション空間を変容させていく独特の表現形態で注目を集める。2011年より、光と影という単純な素材を元手に巨大な幻想的世界を作り出し、「見ること」「見えること」を拡張し省察する「影の3部作」を展開、欧州各国の国際的舞台芸術フェスティバルにて公演。3部作第1部である『Die Scheinwerferin (光を投げる女)』では、「インパルスタンツ(オーストリア/ウィーン)」、「チューリヒ・シアター・スペクタクル」等にて受賞。また、第2部となる『Absolute Helligkeit (絶対光度/絶対等級)』(12年制作/発表)は「大地の芸術祭/越後妻有トリエンナーレ2015」、第3部となる『Unverinnerlicht(内在しない光)』(15年制作/発表)はKYOTO EXPERIMENT 2017にて上演。舞台作品と並行し、場の持つ気配や背景を強く取り込んだインスタレーション作品も展開する。

ソロ活動のほか、ドイツ在住の音楽家オヴァル/マルクス・ポップ とのコラボレーションによる視覚音響パフォーマンスや、フランスの音楽家コリーン/セシル・ショットのミュージックビデオ制作など、活動の幅は広い。

www.naokotanaka.de

Photo by Henryk Weiffenbach

Photo by Henryk Weiffenbach

Photo by Henryk Weiffenbach

Photo by Henryk Weiffenbach

Photo by Henryk Weiffenbach


プログラムクレジット

コンセプト・インスタレーション・パフォーマンス:
田中奈緒子
アーティスティックコラボレーション・パフォー マンス:芝原淑恵
オブジェクトコラボレーション:トーマス・レー メン、アンドレアス・ハーダー
テクニカルサポート・音響デザイン:フェリッ クス・グリム
装飾コラボレーション:クリストファー・プラッツ
ドラマトゥルク:アダム・シチラク
マネージメント:バーバラ・グライナー
製作:田中奈緒子
共同製作:パクト・ツォルフェライン(エッセン)、KYOTO EXPERIMENT、SOPHIENSÆLE(ベルリン)
協力:Luxoom Lab Berlin
助成:一般財団法人地域創造[NEW VISION 舞台芸術/ジェンダー/社会 ]、ベルリン州政府文化局、ノルトライン-ヴェストファーレン州美術財団
主催:KYOTO EXPERIMENT

合わせて観たいプログラム

関連記事

MORE

KYOTO EXPERIMENT 2018京都国際舞台芸術祭

2018年10月6日-10月28日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、9回目となるフェスティバルを
2018年10月6日から10月28日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2018

Copyright © 2018 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.