TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2018

公式プログラム

She She Pop

『フィフティ・グレード・オブ・シェイム』

AllTheater日本初演

2018年 10月24日−10月25日京都府立府民ホール “アルティ”

TICKETS

教材は出演者の身体!?
She She Popが編み出した性教育のオルタナティブ

ヒエラルキーのない関係性で実験的な創作に臨むドイツの女性パフォーマンス集団、She She Popは、ベルリンの壁によって東西にそれぞれ分かたれて育った女性たちや、メンバーの実母など、さまざまな人々とその人生の物語を舞台の上に招き入れてきた。
思春期の少年少女たちの悲劇を描いたフランク・ヴェデキントの戯曲『春のめざめ』と、強烈な性描写で議論を巻き起こしたE.L.ジェームズのベストセラー官能小説『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』をモチーフにした本作では、老若男女の出演者がShe She Popと共演。彼/彼女らは、性教育の教室で先生と生徒を入れかわり立ちかわり演じながら、みずからの身体そのものと、そこに蓄積されてきた「恥」をあられもなく晒していく。セックスとはなにか? なにが女を女に、男を男にするのか? 子どもはどこまで知っている?
性の経験は絶えず変わる。その規範も葛藤も、政治や歴史やイデオロギーからは逃れられない。大きなスクリーンでは、ライブカメラで捉えられた出演者たちの身体が性別も世代もごちゃまぜにコラージュされうごめいている。グロテスクで滑稽なこのキマイラは、もしかすると、個人という境界が溶けさったわたしたちの新しい身体なのかもしれない。

日時

10月24日(水)19:00-◎*
10月25日(木)19:00-

◎託児サービスあり。詳細はこちら *ポスト・パフォーマンス・トーク。
詳細は後日お知らせします
上演時間:105分

会場

京都府立府民ホール “アルティ” 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1
※地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、6番出口より南へ徒歩5分

アクセス

言語

ドイツ語(日本語・英語字幕あり)

年齢制限や注意事項など

12歳以下は保護者の同伴が必要

料金

一般 前売 ¥3,500/当日 ¥4,000
ユース・学生 前売 ¥3,000/当日 ¥3,500
高校生以下 前売・当日共に ¥1,000
ペア ¥6,500(前売のみ)

※ユースは25歳以下

フリーパスやセット券情報

チケット購入

当日券について

会場にて開演1時間前より販売予定です。
各公演当日の午前11時半頃に、以下に最新情報を更新いたします。 お電話のお問合せも受け付けております。
チケットセンター TEL: 075-213-0820(11:00-19:00)

当日券情報

プロフィール

She She Pop

Photo by Benjamin Krieg ©

1998年代にギーセン大学応用演劇学科専攻の卒業生によって結成された女性パフォーマンス集団。ゼバスティアン・バーク、ヨハンナ・フライブルク、ファニ・ハルンバーガー、リーザ・ ルカセン、ミーケ・マツケ、イリア・パパテオドル、ベーリット・シュトゥンプフを始めとする、メンバーのほとんどが女性。クリエイティブ・プロデューサーはエルケ・ヴェーバー。レパートリー劇団の持つ既存のヒエラルキーから飛び出して、集団的な作品制作と上演を行う。出演者自らが脚本、ドラマトゥルク、舞台美術を手がけ、実験的な作品を制作している。2003年以降、HAU Hebbel am Ufer theatre(ベルリン)との共同制作を展開。2010年には、リア王を脚色した『Testament(遺言/誓約)』でFavoritenフェスティバル(ドイツ)のWild-Card賞を、2011年にはFestival Impulse(ドイツ)でゲーテ・インスティトゥート賞を受賞。2013 年の『シュプラーデン(引き出し)』、2014年の『春の祭典ーShe She Pop とその母親たちによる』に引き続き、KYOTO EXPERIMENT 3度目の登場となる。

www.sheshepop.de

Photo by Doro Tuch

Photo by Doro Tuch

Photo by Doro Tuch

Photo by Doro Tuch

Photo by Doro Tuch

Photo by Doro Tuch


プログラムクレジット

コンセプト:She She Pop
出演:ゼバスティアン・バーク、ジャン・シェーズ、ヨナス・マリア・ドロステ、ヨハンナ・フライブルク、 ファニ・ハルンブルガー、スザンネ・ショル、ベーリット・シュトゥンプフ、ゼラル・イェシルユルト
アーティスティックコーディネート:リーザ・ルカセン
映像:ベンヤミン・クリーグ
美術:ザンドラ・フォックス
衣装:レア・シュブシュ
ドラマトゥルク:タールン・カーデ
音楽:サンティアゴ・ブラウム
アーティスティックアドバイス:ルシュカ・シュタイニンガー
照明・テクニカルディレクター:スヴェン・ニヒタライン
音響:マヌエル・ホルストマン
字幕:Panthea/アナ・カステン
日本語字幕翻訳:古後奈緒子
制作・広報:Ehrliche Arbeit - freelance office for culture
ツアーマネージャー:ティナ・エーバート
制作:アミナタ・ウルスナー
カンパニーマネージャー:エルケ・ヴェーバー
製作:She She Pop、ミュンヘン・カンマーシュピーレ
共同製作:KYOTO EXPERIMENT、HAU劇場(ベルリン)、カンプナーゲル(ハンブルク)、FFT(デュッセルドルフ)、クンストラーハウス・ムーゾントゥルム(フランクフルト)
助成:一般財団法人地域創造[NEW VISION舞台芸術/ジェンダー/社会]、ベルリン州政府文化局
協力:連邦首相府文化・メディア担当局国際プロダクションハウス連合
共催:京都府立府民ホール “ アルティ”
主催:KYOTO EXPERIMENT

合わせて観たいプログラム

関連記事

MORE

KYOTO EXPERIMENT 2018京都国際舞台芸術祭

2018年10月6日-10月28日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、9回目となるフェスティバルを
2018年10月6日から10月28日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2018

Copyright © 2018 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.