TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2019

フリンジ「オープンエントリー作品」

沖至+今貂子

即興セッション《パリ∞京都》vol.8 根の国天つ国

DanceMusic live

2019年 10月1日

撮影:ファビオ・マッシモ

パリのジャズトランぺッター・沖至と京都の舞踏家・今貂子、 表現体の即興セッション

パリ在住のフリージャズトランぺッター・沖至と舞踏家・今貂子の間に、2005年より繰り広げられる即興セッション《パリ∞京都》。沖至は、1970年代に日本のフリージャズシーンを代表し、1974年に、パリに移住、黄色いマイルス・デイビスとの異名をとり注目を集めた。現在もヨーロッパを中心に各国のジャズフェスティバルで活躍を続けるジャズの巨人。
一方、白虎社出身の舞踏家今貂子は、舞踏カンパニー倚羅座を率いて、京都を拠点に、伝統と前衛を融合させ独自の境地を切り拓いてきた。8回目の今年は、ゲストに長唄三味線のおかえり姉妹を迎える。地中と天空の間を駆けめぐる、表現体が、ぶつかり、鳴動する。

日時

10月1日 (火)19:30

(開場 18:30)

会場

UrBANGUILD 京都市中京区三条木屋町下る材木町ニュー京都ビル3F

Google mapで見る

チケット料金

前売 2.500円(1drink付)
当日 2,800円(1drink付)
(発売日 8月1日)

プロフィール

沖至+今貂子

沖至/ジャズトランぺッター。1960⁻70年代日本のフリージャズシーンを牽引。1974年パリに移住。現在はヨーロッパを中心に各国のジャズフェスティバルで活躍。│今貂子/舞踏家、振付家。1980⁻94年白虎社に参加。2000年舞踏カンパニー倚羅座結成。2005年ヨーロッパツアー。2007⁻16年五條會館にて定期公演、19年3月先斗町歌舞練場にて還暦記念公演開催。2016年より、KYOTO舞踏館にて、毎週木曜日のロングラン公演を続ける。
 

<お問い合せ>
ima_kiraza@yahoo.co.jp
http://imakiraza.wixsite.com/kirabutoh

 
※「オープンエントリー作品」に関する詳細は、KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイトおよび各カンパニー/アーティストのウェブサイトをご参照ください。
※KYOTO EXPERIMENTでは「オープンエントリー作品」のチケットを取り扱っておりません。チケット取扱いに関しては、直接各カンパニー/アーティストにお問合せください。

KYOTO EXPERIMENT 2019京都国際舞台芸術祭

2019年10月5日-10月27日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、10回目となるフェスティバルを
2019年10月5日から10月27日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2019

Copyright © 2019 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.