TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2019

フリンジ「オープンエントリー作品」

杉本奈月/N₂

Tab.6-7-8. C (ell) no. 書き言葉と話し言葉の物性を表在化する試み

ExhibitionTheater

2019年 10月21日−10月23日

撮影:松山隆行

ナラティヴの内と外/倫理なき人々が演劇を観ている

書き言葉と話し言葉の物性を表在化する試みでは、代表作『居坐りのひ』(2015-2016 大阪 / 東京)にも通底する「1.17と3.11からなる二つの震災」をテーマとして「劇場へのあて書き」をしながら、Tab.1 水平と婉曲(2016 人間座スタジオ)、Tab.2 火入れの群(2017 アトリエ劇研)、Tab.3 雲路と氷床(2018 京都芸術センター)、Tab.4 磔柱の梨子(2018 浄土宗應典院)、Tab.5 退嬰色の桜(2019 クリエイティブセンター大阪)を制作してきた。
次なる試みとして Tab.6-7-8 C-ell/no. では、ギャラリーにおける演劇的展示として生命倫理の観点から劇場の現在地へ目をむけてみる。

日時

10月21日(月)13:30-19:30
10月22日(火)10:30-19:30
10月23日(水)10:30-16:30

会場

GalleryGallery 京都市下京区河原町通仏光寺上る市之町251-2

Google mapで見る

チケット料金

入場無料

プロフィール

杉本奈月/N₂

作家。京都薬科大学薬学部薬学科4年次中退。十年来のテーマである治癒/治療のあいだに立つ演劇とケアのあり方を見い出しながら、物語の書き手ではなく語りの聞き手として他者とかかわっていく作劇を行う。代表作『居坐りのひ』で第15回AAF戯曲賞最終候補、ウイングカップ6最優秀賞受賞。京都芸術センター KAC TRIAL PROJECT Co-program 2017、おおさか創造千島財団 平成30年度 スペース助成 採択。

 

<お問い合せ>
gekidann2@gmail.com
http://gekidann2.blogspot.jp/
Twitter
Twitter

 

※「オープンエントリー作品」に関する詳細は、KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイトおよび各カンパニー/アーティストのウェブサイトをご参照ください。
※KYOTO EXPERIMENTでは「オープンエントリー作品」のチケットを取り扱っておりません。チケット取扱いに関しては、直接各カンパニー/アーティストにお問合せください。

KYOTO EXPERIMENT 2019京都国際舞台芸術祭

2019年10月5日-10月27日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、10回目となるフェスティバルを
2019年10月5日から10月27日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2019

Copyright © 2019 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.