TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2019

フリンジ「オープンエントリー作品」

東京ダンスシード

ダンス気功「繭(いと)の夢」+ 新作ソロ、デュオ

Dance

2019年 10月19日−10月20日

撮影:池上直哉

能と気功、現代ダンスが融合した「繭(いと)の夢」と先鋭 新作ソロ・デュオの饗宴

ダンス気功「繭(いと)の夢」は、能と現代ダンスを融合した流して踊るダンスです。平和を願い、鎮魂と祈りを込めて居上紗笈によって創舞されました。2011年、国際アートフェスin沼田にて初演され踊られてきた女踊りに、本フリンジでは男踊りが加わって披露します。先鋭の新作ソロ・デュオの終演後に「繭(いと)の夢」のワークショップも行います。興味のある方、どうぞ、ご参加ください。

日時

10月19日(土)15:00-17:30
10月20日(日)13:00-15:30

会場

ローム・スクエア内 特設ステージ「シマシマジマ」 京都市左京区岡崎最勝寺町13

Google mapで見る

チケット料金

無料

(但し、椅子席 500円 ・当日先着20名様)

上演作品一覧

ダンス気功「繭(いと)の夢」(男踊り、女踊り)
<新作ソロ・デュオ>
「late in autumn」作・出演:村松明美
「あずま男とKYOU女」作:直江早苗 出演:藍木二郎、直江早苗
「立体AMBIGUOUS」~規定不能な空間に~作・出演:蒼 浩人
「光の花・光の水 ー 夜明け前」作・居上紗笈 出演:いのうえ紗笈、居上紗芽

*終演後に「繭(いと)の夢」のワークショップを行います。

プロフィール

東京ダンスシード

居上紗笈SAOI の呼びかけによって参加者が決まる流動的なグループ。今回は、国際演劇協会日本センター(ITI UNESCO)のダンス関係の会員と有志で、舞踏、マイム、コンテンポラリー、ダンスパサージュなど、それぞれ別々に活動しているメンバーが参加します。

 

<お問い合せ>
omphalos.dance@gmail.com
https://www.tokyodanceseed.com
Twitter

 

※「オープンエントリー作品」に関する詳細は、KYOTO EXPERIMENT公式ウェブサイトおよび各カンパニー/アーティストのウェブサイトをご参照ください。
※KYOTO EXPERIMENTでは「オープンエントリー作品」のチケットを取り扱っておりません。チケット取扱いに関しては、直接各カンパニー/アーティストにお問合せください。

KYOTO EXPERIMENT 2019京都国際舞台芸術祭

2019年10月5日-10月27日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、10回目となるフェスティバルを
2019年10月5日から10月27日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2019

Copyright © 2019 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.