TICKETS

京都国際舞台芸術祭 2019

公式プログラム

チェルフィッチュ×金氏徹平

『消しゴム山』

AllTheaterWorld Premiere

2019年 10月5日−10月6日 ロームシアター京都 サウスホール

TICKETS

人間のスケールを脱する演劇とは?
人、モノ、時間、空間、言葉が、未知のすがたで現れる

いま・ここにいる人間のためだけではない演劇は可能か?人とモノが主従関係ではなく、限りなくフラットな関係性で存在するような世界を演劇によって生み出すことはできるのだろうか?
東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県陸前高田市では、失われた住民の暮らしを取り戻すべく、津波被害を防ぐ高台の造成工事が行われている。もとの地面から嵩上げされる高さは10メートル以上。そのための土砂は、周辺の山をその原型を留めないほど大きく切り崩すことでまかなわれている。
岡田利規は、2017 年に同地を訪れ、驚異的な速度で人工的に作り変えられる風景を目の当たりにしたことをきっかけに、「人間的尺度」を疑う新作の構想を始めた。コラボレーターには、コラージュを主な手法とし、演劇的な視点を貪欲に取り込み創作の領域を拡張させる美術家・金氏徹平を迎える。また、昨年からチェルフィッチュが力を注ぐ「映像演劇」も取り入れながら、俳優の身体や言葉のありようにも新たなアプローチが試みられる。人間中心主義から逸脱する先にあらわれる風景とは。
演劇をアップデートし続けるチェルフィッチュの最新形。

日時

10月5日(土)18:30-
10月6日(日)14:00- *◎ / 19:30-

*ポスト・パフォーマンス・トーク
◎託児サービスあり。詳細はこちら
上演時間:100分(予定)

会場

ロームシアター京都 サウスホール 京都市左京区岡崎最勝寺町13
※京都市営地下鉄「東山駅」1番出口より徒歩約10分

アクセス

言語

日本語(英語字幕あり)

料金

一般 前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500
ユース・学生 前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500
高校生以下 前売・当日共に ¥1,000
ペア ¥7,500(前売のみ)

※ユースは25歳以下

フリーパスやセット券情報

当日券について

会場にて開演1時間前より販売予定です。
各公演当日の午前11時半頃に、以下に最新情報を更新いたします。 お電話のお問合せも受け付けております。
チケットセンター TEL: 075-213-0820(11:00-19:00)

当日券情報

プロフィール

岡田利規Toshiki Okada

活動拠点JAPAN

©Kikuko Usuyama

1973 年横浜生まれ、熊本在住。演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ国内外で注目される。2005 年『三月の5 日間』で第49 回岸田國士戯曲賞を受賞。同年7 月『クーラー』でTOYOTA CHOREOGRAPHY AWARD 2005ー次代を担う振付家の発掘ー」最終選考会に出場。2007 年デビュー小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』を新潮社より発表、翌年第二回大江健三郎賞受賞。2012 年より岸田國士戯曲賞の審査員を務める。2013 年には初の演劇論集『遡行 変形していくための演劇論』、2014 年には戯曲集『現在地』を河出書房新社より刊行。2016 年よりドイツ有数の公立劇場ミュンヘン・カンマーシュピーレのレパートリー作品演出を4シーズンにわたって務める。2018 年8 月にはタイの小説家、ウティット・へーマムーンの原作を舞台化し、塚原悠也とコラボレーションした『プラータナー:憑依のポートレート』をバンコクにて発表、12 月にフェスティバル・ドートンヌ / ジャポニスム2018(パリ)、2019年に響きあうアジア2019(東京)にて上演。

チェルフィッチュchelfitsch

活動拠点JAPAN

岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。その日常的所作を誇張しているような/していないようなだらだらとしてノイジーな身体性は時にダンス的とも評価された。2007年ヨーロッパ・パフォーミングアーツ界の最重要フェスティバルと称されるクンステン・フェスティバル・デザール2007(ブリュッセル/ベルギー)にて『三月の5日間』が初めての国外進出を果たして以降、アジア、欧州、北米にわたる計70都市で上演。2011年には『ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶』が、モントリオール(カナダ)の演劇批評家協会の批評家賞を受賞。

近年は、世界有数のフェスティバル・劇場との国際共同制作により、『現在地』(2012)、『地面と床』(2013)、『スーパープレミアムソフトWバニラリッチ』(2014)、『部屋に流れる時間の旅』(2016)『三月の5日間』リクリエーション(2017)を発表。つねに言葉と身体の関係性を軸に方法論を更新し続け、既存の演劇手法に捉われない表現を探求しており、2018年には映像によって演劇的空間を立ち上げる展示/上演『渚・瞼・カーテン チェルフィッチュの〈映像演劇〉』(熊本市現代美術館)を制作・発表した。

https://chelfitsch.net/

金氏徹平Teppei Kaneuji

活動拠点JAPAN

2001 年京都市立芸術大学在籍中、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(ロンドン)に交換留学。2003 年京都市立芸術大学大学院彫刻専攻修了。現在、同大学彫刻専攻准教授。日常の事物を収集し、コラージュ的手法を用いて作品を制作。彫刻、絵画、映像、写真など表現形態は多岐にわたり、一貫して物質とイメージの関係を顕在化する造形システムの考案を探求。個展「金氏徹平のメルカトル・メンブレン」(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、2016)など国内外での展覧会のほか、舞台美術や装丁も多数。あうるすぽっとプロデュース『家電のように解り合えない』(2011)、KAAT キッズ・プログラム2015 おいしいおかしいおしばい『わかったさんのクッキー』(2015-2016)での舞台美術をはじめ、自身の映像作品を舞台化した『tower (THEATER)』(KYOTO EXPERIMENT 2017)では演出を手掛ける。

http://teppeikaneuji.com/


プログラムクレジット

作・演出
岡田利規
セノグラフィー
金氏徹平
出演
青柳いづみ、安藤真理、板橋優里、原田拓哉、矢澤誠、吉田庸、米川幸リオン
衣裳
藤谷香子(FAIFAI)
照明
髙田政義(RYU)
音響
中原楽(ルフトツーク)
映像
山田晋平
技術監督
鈴木康郎
舞台監督
湯山千景
演出助手
和田ながら
制作
武田知也(ロームシアター京都)、山﨑佳奈子
プロデューサー
黄木多美子(precog)
アソシエイト・プロデューサー
田中みゆき
宣伝美術
山内祥太
製作
一般社団法人チェルフィッチュ
共同製作
〈消しゴム山〉KYOTO EXPERIMENT、ウィーン芸術週間、フェスティバル・ドートンヌ(パリ)、クンストラーハウス・ムーゾントゥルム(フランクフルト)
〈消しゴム森〉金沢21世紀美術館
企画制作
株式会社precog
協力
コネリングスタディ/山吹ファクトリー、急な坂ス タジオ、京都市立芸術大学
京都芸術センター制作支援事業
助成
文化庁文化芸術振興費補助金(国際芸術交流 支援事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
主催
KYOTO EXPERIMENT
本プロジェクトは、『消しゴム山』(初演:2019年10月 KYOTO EXPERIMENT)、『消しゴム森』(初演:2020 年2月金沢21世紀美術館)の両バージョンからなる。

KYOTO EXPERIMENT 2019京都国際舞台芸術祭

2019年10月5日-10月27日

「KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭」は、
2010年より毎年秋に京都市内の劇場を中心に
世界各地から先鋭的な舞台芸術を紹介してきました。
このたび、10回目となるフェスティバルを
2019年10月5日から10月27日の23日間にわたって、
ロームシアター京都をメイン会場に開催します。

京都国際舞台芸術祭 2019

Copyright © 2019 Kyoto International Performing Arts Festival Executive Committee. All rights reserved.