公式プログラム

戌井昭人/鉄割アルバトロスケット

鉄割のアルバトロスが 京都編

戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子

VIEW MORE

矢継ぎ早に繰り出される、怒濤の不条理30演目!

小説『まずいスープ』が芥川賞候補に選出されるなど、急速に注目を集める戌井昭人。彼が脚本を手がける「鉄割アルバトロスケット」は、コントともネタともつかないそれぞれ1 〜5分の出し物を30本ほど矢継ぎ早に繰り出すパフォーマンス集団である。ブルース、パンク、猿回し、相撲、歌舞伎、文楽、神楽など……民衆の放浪芸からインスパイアされた演目たちは、マージナルな(辺境の)匂いを漂わせたものばかり。「鉄割一家」という江戸時代の足芸人と、阿呆鳥を意味するアルバトロスケットを元にしたその名の通り、彼らは「演劇人」というよりも「舞台芸人」と呼ぶにふさわしい。「4 コマ漫画をロックな演劇にしたような」と評され、東京の演劇シーンにありながらも、独特な位置をキープしている「鉄割」の6年ぶりとなる京都公演。今回の公演は、既に発表された厳選出し物に、本公演用に新たに創作された出し物を加え、京都/関西の観客のハートを笑いと衝撃で射抜くことだろう。

戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子 戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子 戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子 戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子 戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子 戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子 戌井昭人/鉄割アルバトロスケット『鉄割のアルバトロスが 京都編』アートコンプレックス1928 撮影:阿部綾子
YEAR
2010
DATES
11.11(木)-11.14(日)
VENUE
アートコンプレックス1928
DURATION
90
LANGUAGE
日本語
CITY
東京、日本
CATEGORY

戌井昭人
Akito Inui

VIEW MORE

HP: http://www.tetsuwari.com/

1971年東京生まれ。玉川大学文学部芸術学科演劇専攻卒業後、劇団「文学座」を経た後、1997年に牛嶋みさをと共にパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を結成。劇作・出演を担当する。一公演につき、1 〜5分からなる演目約50本を矢継ぎ早に繰り出すパフォーマンス集団。演目は、寸劇・歌・踊りなど多様に無関係な様式で混ざり合い、古典落語・浪花節・ロックンロール・パンク・文学・映画・食い物等々、ごった煮の要素を織り交ぜ、感覚をアウトフォーカスしつつ、『そこはかとない無常観・無意味状態のルール・高尚な曖昧・理不尽な感動・完成された不自然・間の抜けた刺激・感動的な阿呆らしさ』が自然に出てくる内容になっている。「第10回ガーディアンガーデン演劇フェスティバル」(2000年)では大賞を受賞。また小説『まずいスープ』(新潮社刊/第141回芥川賞候補)など、作家活動も行っている。

戌井昭人
演出・照明牛嶋みさを
出演戌井昭人、奥村勲、中島朋人、中島のりつぐ、村上陽 一、内倉憲ニ、マークス雅楽子、伊藤麻実子、小林成男、木村秀次郎
音響松島さとみ
製作鉄割アルバトロスケット
助成公益財団法人セゾン文化財団
提携ART COMPLEX 1928
主催 KYOTO EXPERIMENT