フリンジ

杉原邦生

フリンジ「GroundP★」

Baobab「Relax★」 会場:アトリエ劇研 撮影:清水俊洋

VIEW MORE

KYOTO EXPERIMENT 2011 では、フリンジ・パフォーマンス企画として、アトリエ劇研と元・立誠小学校の2会場で2週間にわたり新進気鋭の若手アーティストたちの作品を連続上演します。
演出家・杉原邦生のコンセプトのもと、舞台が砂場に変わったアトリエ劇研、閉校になった小学校校舎というそれぞれの「場=Ground」に、アーティストたちはどのように挑むのか。
2会場をまたいで繰り広げられる多様な「PLAY」をお見逃しなく!

Let’s Play Together★
子どもはよく「遊びの天才」だと言われます。いま思えば、僕も子どもの頃は意味不明な遊びを友達と発明しては夢中になって遊んでいた気がします。その遊び場は、学校だったり、グラウンドだったり、公園だったり、家だったり――そしてときどき、いまもその頃と変わっていない自分の姿に気づいたりします。僕はいま〈劇場〉という遊び場で遊んでいます。この遊び場では、僕も子どもに負けないくらい〈遊び〉の天才だと思っています(笑)
今回のフリンジ企画では僕が遊んでみたい〈遊び場〉を2つ用意しました。そして、そこで「〈遊び〉の天才」たちに2週間思いっきり遊んでもらおうと思っています! 劇場という場所はサイコーの〈遊び場=Playground〉です。その遊び場でマジにガチで〈遊ぶこと=PLAYすること〉が《演劇》だと僕は思っています。だから、あとはこの〈遊び場〉に足を踏み入れてくださるお客様と一緒に、楽しくHAPPY♥な時間を過ごせれば、それこそが《演劇》の真髄であり、僕が願う〈劇場〉の姿なのです。
みなさん、準備は良いですか?テンションMAX!!!!!で遊びに来てくださいね★(笑)
【GroundP★】コンセプト 杉原邦生

プログラム
岡崎芸術座『街などない』 10.4(火)-10.5(水) 元・立誠小学校 職員室
ロロ vol.5.8『夏も』 10.5(水)-10.6(木) アトリエ劇研
KENTARO!!『雨が降ると晴れる/小学校バージョン』 10.7(金)-10.9(日) 元・立誠小学校 職員室
劇団野の上『臭う女~におうひと~』 10.8(土)-10.9(日) アトリエ劇研
モモンガ・コンプレックス 『とりあえず、あなたまかせ。』 10.8(土)-10.10(月・祝) 元・立誠小学校 自彊室
悪い芝居 『猿に恋』 10.11(火)-10.12(水) アトリエ劇研
範宙遊泳 郷土物語宣言第三弾『ガニメデからの刺客』 10.11(火)-10.13(木) 元・立誠小学校 職員室
Baobab『Relax★』 10.14(金)- 10.16(日) アトリエ劇研
バナナ学園純情乙女組『バナ学バトル★☆熱血スポ魂 秋の大運動会!!!!!』 10.15(土)-10.16(日) 元・立誠小学校 講堂

VIEW MORE

フリンジ「GroundP★」岡崎藝術座『街などない』 元・立誠小学校 撮影:佐藤泰紀 フリンジ「GroundP★」岡崎藝術座『街などない』 元・立誠小学校 撮影:佐藤泰紀 フリンジ「GroundP★」 ロロ『vol.5.8 夏も』 アトリエ劇研 撮影:清水俊洋 フリンジ「GroundP★」 ロロ『vol.5.8 夏も』 アトリエ劇研 撮影:清水俊洋 フリンジ「GroundP★」 KENTARO!!『雨が降ると晴れる/小学校バージョン』 元・立誠小学校 職員室 撮影:高橋萌登 フリンジ「GroundP★」 KENTARO!!『雨が降ると晴れる/小学校バージョン』 元・立誠小学校 職員室 撮影:高橋萌登 フリンジ「GroundP★」 劇団野の上『臭う女~におうひと~』 アトリエ劇研 フリンジ「GroundP★」 モモンガ・コンプレックス『とりあえず、あなたまかせ。』 元・立誠小学校 フリンジ「GroundP★」 モモンガ・コンプレックス『とりあえず、あなたまかせ。』 元・立誠小学校 フリンジ「GroundP★」 悪い芝居『猿に恋』 アトリエ劇研 撮影:山口真由子  フリンジ「GroundP★」 悪い芝居『猿に恋』 アトリエ劇研 撮影:山口真由子  フリンジ「GroundP★」 Baobab『Relax★』 アトリエ劇研 撮影:清水俊洋 Baobab「Relax★」 会場:アトリエ劇研 撮影:清水俊洋 フリンジ「GroundP★」 バナナ学園純情乙女組『バナ学バトル★☆熱血スポ魂秋の大運動会!!!!! ~京都Ver.~』 元・立誠小学校 撮影:Cyclon_A フリンジ「GroundP★」 バナナ学園純情乙女組『バナ学バトル★☆熱血スポ魂秋の大運動会!!!!! ~京都Ver.~』 元・立誠小学校 撮影:Cyclon_A
YEAR
2011
DATES
10.4(火)-10.16(日)
VENUE
アトリエ劇研、元・立誠小学校
CATEGORY

杉原邦生
Kunio Sugihara

VIEW MORE

演出家、舞台美術家。1982年東京都出身。神奈川県茅ケ崎育ち。EXILEファンクラブ“EX FAMILY”会員。京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科第2期卒業生。同学科在籍中より、演出・舞台美術を中心に活動。特定の団体に縛られず、さまざまなユニット、プロジェクトでの演出活動を行っている。人を喰ったような生意気さとポップなバランス感覚を兼ね備えた演出が特長。2003年6月teuto vol.2『アドア』で初演出。2004年、自身が様々な作品を演出する場として、プロデュース公演カンパニー“KUNIO”を立ち上げる。これまでに04年6月KUNIO01『ペリカン家の人々』(作:ラディゲ)、06年12月KUNIO02『ニッポン・ウォーズ』(作:川村毅)などを上演。2010年9月には、初めて自身が構成から手掛けた新作公演KUNIO07『文化祭』が好評を得た。2008年、伊丹市立演劇ホールAI・HALLとの共同製作事業“Take a chance project”アーティストに選出され、同年2月KUNIO03『椅子』(作:ウージェーヌ・イヨネスコ)、2009年1月KUNIO05『迷路』(作:フェルナンド・アラバール)、2011年1月M☆3『こいのいたみ~come on! ITAMI~』(作:ブルーバード)を上演した。歌舞伎演目上演の新たなカタチを模索するカンパニー“木ノ下歌舞伎”には、2006年5月『yotsuya-kaidan』(作:鶴屋南北)の演出をきっかけに企画にも参加。これまでに4作品を演出。2009年9月KUNIO06『エンジェルス・イン・アメリカ-第1部 至福千年紀が近づく』で京都芸術センター「舞台芸術賞2009」佳作受賞。そのほか主な演出作品に、2009年4・5月キレなかった14才♥りたーんず『14歳の国』(作:宮沢章夫)、2009年11月teutoダンス公演『ソーグー』、2010年5月木ノ下歌舞伎『勧進帳』など。また、こまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル<サミット>ディレクターに「冬のサミット2008」より2年間就任、2010年10-11月KYOTO EXPERIMENTフリンジ“HAPPLAY♥”のコンセプトを務めるなど、持ち前の「お祭好き」精神で活動の幅を広げている。