公式プログラム

石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編

伝統芸能バリアブル

石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ

エロティックでキッチュな才能
「キュピキュピ」×伝統芸能に生きる女たち、
京都でしかありえない奇跡的邂逅!

映像、演出を手がける石橋義正、造形作家の木村真束、グラフィックデザイナーの江村耕市の3人で構成された、映像&パフォーマンスユニット「キュピキュピ」。京都を中心に、パリやロンドンなど国内外で映像やインスタレーション作品を発表してきた。そんな彼らが、伝統芸能の新たな魅力を発信する「京都創生座」の番外編として、伝統芸能に生きる女たちのために新作を送り出す。昨年の大規模な個展での興奮冷めやらぬ中、浪曲や日本舞踊、和太鼓といった芸を通して歴史を身体の奥深くに織り込んだ女性たちとの“逢瀬”は、いかなるサイケデリックな反応を起こすのか!?

石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ 石橋義正(キュピキュピ)/京都創生座 番外編『伝統芸能バリアブル』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:田中マサアキ
YEAR
2011
DATES
10.16(日)
VENUE
京都芸術劇場 春秋座
DURATION
75
LANGUAGE
日本語
CITY
京都、日本
CATEGORY

石橋 義正 
Yoshimasa Ishibashi

1968年京都生まれ
1987年京都市立銅駝美術工芸高校日本学科卒業
1993年英国立芸術大学映画科交換留学
1994年京都市立芸術大学大学院美術研究科(造形構想)修了
キュピキュピ主宰。映画監督。映像作家。1997年に製作した映画『狂わせたいの』はストックホルム国際映画祭正式出品、第8回日本映画プロフェッショナル大賞新人監督賞受賞。1998年よりアートユニット「キュピキュピ」の活動を開始。国内だけでなくニューヨーク、パリ、ロンドンなど海外でも展示会やライブ活動を続ける。2000年に異色のTV番組『バミリオン・プレジャー・ナイト』を製作。また2002年より製作を続ける短編シリーズ『オー! マイキー』が海外でも高い評価を得、2005年日経エンターテインメント「世界が認めた日本のヒットメーカーベスト100」にあげられる。

キュピキュピ
Kyupi Kyupi

1996年結成。京都を中心に活動する映像&パフォーマンスユニット。主宰で映像と演出を手がける石橋義正、造形作家の木村真束、グラフィックデザイナーの江村耕市の3人で構成される。ポンピドゥセンター、ニューヨーク近代美術館、テートモダンなど国内外の現代美術にて映像やインスタレーション作品を出品。また同時に、映像と照明を制御し、ビジュアル性とエンターテインメント性の強いライブパフォーマンスも行っている。

構成・演出石橋義正(キュピキュピ)
出演ダンス-高原伸子、高橋千佳、皆川まゆむ、パフォーマンス(映像)-青木涼子、能楽-鷲尾世志子、立花香寿子、鵜澤光、高橋奈王子、日本舞踊-尾上京、花柳双子、長唄三味線-杵屋勝欣次、杵屋勝浩菜、杵屋浩扇、上七軒さと幸、浪曲-春野恵子、一風亭初月、和太鼓-田原由紀、大谷加奈子、依田美津穂、小林杏里、井上朋美(打打打団 天鼓)
ビジュアルデザイン江村耕市(キュピキュピ)
美術木村真束(キュピキュピ)
映像キュピキュピ
3D映像ギャラクシーオブテラー
振付高原伸子
ヘアメイク針尾清光
特殊メイクJIRO(自由廊)
衣裳デザイン・タイトルデザイン舩引亜樹
照明川崎渉(RYU)
サウンドデザイン丸山正浩(創影コーディネーション)
特殊効果伊井麻登、薬師寺三津秀
長唄監修杵屋勝七郎
テクニカルディレクター關秀哉(RYU)
舞台監督串本和也(RYU)
衣裳製作岩崎晶子、チャコット
制作須知聡子(フィッシュヘッズ)、山本麻友美(京都芸術センター)、勝冶真美(京都芸術センター)
宣伝写真田中マサアキ
企画京都芸術センター
制作京都芸術センター、フィッシュヘッズ
共同製作・共催KYOTO EXPERIMENT
主催京都市