公式プログラム

木ノ下歌舞伎

木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~

木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋

木ノ下歌舞伎による、見たこともない〈動く〉博物館。
敬して遠ざけない、古典芸能の遊びかた

京都を拠点に、歌舞伎の演目を現代の視点で捉え直してきた木ノ下歌舞伎。『義経千本桜』『勧進帳』『菅原伝授手習鑑』といったおなじみの演目から、『摂州合邦辻』などで名を残す浄瑠璃作者・菅専助をクローズアップした連続企画まで、主宰・木ノ下裕一の指針に基づいて、演目ごとにさまざまな演出家を起用しながら上演を果たしてきた。

『三番叟』は、2008、12年にも、木ノ下裕一監修、杉原邦生演出で上演され、2013年には海外公演も実現した人気のダンス作品。

再演するごとに更新を続けて、木ノ下歌舞伎の躍進を計る格好の演目になっている。さらに今回は、「三番叟」の歴史をたどる関連展示、狂言師・茂山童司の舞も組み合わせるという、劇場全体を使ったツアー形式で体感できるスペシャルな企画。能狂言から歌舞伎へと受け継がれ、発展してきた『三番叟』は日本芸能を象徴する神事的な演目。その祝祭性はそのままに、木ノ下歌舞伎がSAMBASOの歴史に新たな1ページを書き加える。

木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋 木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋 木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋 木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋 木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋 木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋 木ノ下歌舞伎『木ノ下歌舞伎ミュージアム “SAMBASO” ~バババッとわかる三番叟~』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:清水俊洋
YEAR
2013
DATES
10.12(土)-10.13(日)
VENUE
京都芸術劇場 春秋座
DURATION
120
LANGUAGE
日本語
CITY
京都、日本
CATEGORY

木ノ下歌舞伎
KINOSHITA-KABUKI

HP: http://kinoshita-kabuki.org/

歴史的な文脈を踏まえた上で現行の歌舞伎にとらわれず新たな切り口から歌舞伎の演目を上演する団体。古典演劇と同時代の舞台芸術がどのように相乗作用しうるかを探究し、新たな古典観と方法論を発信を企図する。あらゆる視点から歌舞伎にアプローチするため、主宰である木ノ下裕一が指針を示しながら、さまざまな演出家による作品を上演するという体制で、京都を中心に 2006 年より活動を展開している。
2010年より、京都と横浜の2都市を股に掛けた滞在制作企画「京都×横浜プロジェクト」を3年間にわたって展開。最新作『黒塚』(急な坂スタジオプロデュース、演出:杉原邦生、2012)にてCoRich舞台芸術まつり!2013春グランプリを受賞。

木ノ下裕一
Yuichi Kinoshita

和歌山市生まれ。小学校3年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時にその日から独学で落語を始め、その後、古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学び、古典演目上演の演出や監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を旗揚げ。2010年度から3カ年継続プロジェクトとして「京都×横浜プロジェクト」を実施し2012年7月には『義経千本桜』の通し上演を成功させるなど、意欲的に活動を展開している。
主な演出作品に『伊達娘恋緋鹿子』(2009/F/T09秋「演劇/大学09秋」)など。その他古典芸能に関する執筆、講座など多岐にわたって活動中。創造支援公募プログラム坂あがりスカラシップ(2011年度・2012年度)対象者。2013年度より急な坂スタジオサポートアーティスト。京都造形芸術大学大学院卒業。現在博士論文執筆中。研究テーマは「武智歌舞伎論~近代における歌舞伎新演出について」。

杉原邦生
Kunio Sugihara

HP: http://www.kunio.me/

演出家、舞台美術家。1982年東京生まれ、神奈川県茅ケ崎育ち。京都造形芸術大学映像・舞台芸術学科第2期卒業生。2004年、自身が既存の戯曲を中心に様々な演劇作品を演出する場として、KUNIOを立ち上げる。俳優・スタッフ共に固定メンバーを持たない、プロデュース公演形式のスタイルで活動。KUNIOと平行して、木ノ下歌舞伎には、2006年5月『yotsuya-kaidan』(作:鶴屋南北)の演出をきっかけに企画にも参加。
『黒塚』などを演出、舞台美術も手がけている。また、こまばアゴラ劇場が主催する舞台芸術フェスティバル<サミット>ディレクターに2008年より2年間就任、2010〜2012年はKYOTO EXPERIMENTフリンジ企画のコンセプトを務めるなど、持ち前の「お祭好き」精神で活動の幅を広げている。

監修木ノ下裕一
総合演出杉原邦生
特別出演茂山童司
照明魚森理恵、檜木順子
音響齋藤学
映像須藤崇規
衣装清川敦子
演出部楠海緒
舞台監督大鹿展明
宣伝写真堀川高志
宣伝美術天野史朗
制作本郷麻衣
製作木ノ下歌舞伎
共同製作KYOTO EXPERIMENT

木ノ下歌舞伎『三番叟』

原案・監修木ノ下裕一
演出・美術杉原邦生
出演芦谷康介、京極朋彦、竹内英明
主催KYOTO EXPERIMENT

ARCHIVE

  • 木ノ下歌舞伎『三人吉三』  京都芸術劇場春秋座 撮影:清水俊洋

    木ノ下歌舞伎

    三人吉三

  • 木ノ下歌舞伎『勧進帳』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和

    木ノ下歌舞伎

    勧進帳