公式プログラム

マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.

突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる

マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也

暗闇に蠢く、漆黒のパフォーマーたち。
知性と肉体を揺さぶる、ブラジルの異才による最新作

マルセロ・エヴェリンはブラジル、それもテレジナという周縁の地を拠点に、果敢に活動を繰り広げる振付家・ダンサーであり、2011年のKYOTO EXPERIMENTでは『マタドウロ(屠場)』で、センセーショナルな日本デビューを飾った。そこでは、仮面をかぶったほぼ全裸のパフォーマーが、1時間に渡ってひたすら輪になって走り続けた果てに、観客を挑発的に凝視するという作品。高揚と混乱の渦に否応なく観客を引きずり込んだことは記憶に新しい。

更に昨年KYOTO EXPERIMENT 2012の一環で、本作『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』(原題:De repente fica tudo preto de gente)の滞在制作を行った。その後、リオデジャネイロのコンテンポラリーダンスの祭典「フェスティバル・パノラマ」にて世界初演を迎えた本作が、ついに日本上陸を果たす。

印象的な作品タイトルは、群衆論で知られるノーベル賞作家、エリアス・カネッティの著作『群衆と権力』(1960)の一節から。
舞台と客席の区別がない、仄暗い空間へと誘われた観客は、そこで全身を真っ黒にしたパフォーマーたちと対面する。ブラジル、オランダ、日本のダンサーからなるパフォーマーたちは、もはやその出自も個々の人間すらも判別出来ないひとつの塊として、観客と渾然一体となる。この異様な空間で起きる出来事とは一体!?
混沌とした現代社会に、鋭い豪速球のような問いを突きつける、エヴェリン流の野性と知性が共存する舞台。視聴覚を超えて、全身を射抜くような観劇体験が待っているはずだ。

マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也 マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也 マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也 マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也 マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也 マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』 京都芸術センター 講堂 撮影:松見拓也
YEAR
2013
DATES
9.28(土)-10.1(火)
VENUE
京都芸術センター 講堂
DURATION
60
CITY
テレジナ、ブラジル
CATEGORY

マルセロ・エヴェリン
Marcelo Evelin

ブラジル・ピアウイ州生まれ、振付家、研究者。アムステルダムとピアウイ州のテレジナを拠点とする。1986年からヨーロッパで、様々な国のアーティストと共同制作したダンス作品を制作する他、音楽、映像、インスタレーションや、サイトスペシフィック・パフォーマンスなどの様々なプロジェクトを展開している。
デモリション Inc.を率いるインディペンデントのクリエイターとして、 アムステルダム美術専門学校でインプロヴィゼーションや振付を指導する他、プロジェクトを立ち上げ、その生徒たちを制作に参加させている。
ヨーロッパをはじめとする、アメリカ、アフリカ、日本、南米およびブラジルといった世界各国でワークショップや共同プロジェクトを手がけ、2006年からはアムステルダムとテレジナを行き来し、パフォーマンス集団「ヌークレオ・ド・ディルソル」と共に今日のパフォーミング・アーツについてのリサーチと制作を行っている。近作『マタドウロ(屠場)(2010)および『突然どこもかしこも黒山の人だかりとなる』(2012)は、ブラジルおよび国外でも発表されている。

クリエーションメンバーアンドレ=リーン・ジッゼ、ダニエル・バラ、エリエルソン・パチェコ、長洲仁美、ジェル・カローネ、ルス=ファン=デル・プリット、マルセロ・エヴェリン、マルシオ・ノナト、レジーナ・ヴェロソ、ロサンジェラ・スリダーデ、セルジオ・カッダー、瀧口翔、タマール・ブロム、ヴィルフレッド・ロープストラ
製作デモリション Inc.
共同製作KYOTO EXPERIMENT、クンステンフェスティバルデザール、パノラマ・フェスティバル
助成公益財団法人セゾン文化財団
主催KYOTO EXPERIMENT

ARCHIVE

  • マルセロ・エヴェリン/デモリションInc.+ヌークレオ・ド・ディルソル『マタドウロ(屠場)』 元・立誠小学校 講堂 撮影:阿部綾子

    マルセロ・エヴェリン/デモリション Inc. +ヌークレオ・ド・ディルソル

    マタドウロ(屠場)

  • マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada『病める舞』 ロームシアター京都 Photo by Mauricio Pokemon

    マルセロ・エヴェリン/Demolition Incorporada

    Dança Doente(病める舞)