公式プログラム

She She Pop

シュプラーデン(引き出し)

She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子

個人の記憶、国家の歴史がポリフォニックに響きあう。
時代と社会状況をどん欲にとりこんだ、ドイツ発の話題作

近年ますます国際的な名声を高めるドイツの女性パフォーマンス集団、She She Pop。彼女たちにとって舞台とは、演劇というコミュニケーションの基本的な原理を探求することであり、メンバーそれぞれの個人的な経験、価値観に基づいて表現という様式に昇華させる場である。メンバーには演出家/脚本家/俳優といった特定の役割だけを担う者はおらず、作品は常に集団で制作されるというユニークなスタイルをとっている。2011年、KAAT神奈川芸術劇場でも上演された作品『TESTAMENT(遺言/誓約)』は、リア王を引用しながら、出演者の実父を舞台にあげるなど、知的でユーモア溢れる演劇的アプローチを披露した。

そんな彼女たちの最新作『シュプラーデン(引き出し)』(原題:Schubladen)は2012年、ベルリンのHAU劇場で初演。まさにそのベルリンが象徴的な場として現れる、東西ドイツの分断そして壁の崩壊という、過去約半世紀にわたるヨーロッパの大きな歴史をひもとく試みである。壁の両側で生まれた6人の女性が、それぞれの引き出しから手紙、日記、写真、そしてレコードなどを取り出しながら、それを語り、ときに笑い飛ばし、ときに歌い踊りながら、人生の物語を深く紡いでいく。自伝的素材から露わになる2つのドイツの間に生まれたイデオロギー的断絶は、日本の観客にもアクチュアルに響くだろう。

なお本作の上演後、メンバーは、京都芸術センターのアーティスト・イン・レジデンスプログラムでそのまま京都に滞在、次回作のリサーチを行い、再びKYOTO EXPERIMENTに戻ってくる予定である。

She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子 She She Pop『シュプラーデン(引き出し)』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子
YEAR
2013
DATES
10.18(金)-10.20(日)
VENUE
京都芸術センター 講堂
DURATION
120
LANGUAGE
ドイツ語(日本語・英語字幕あり)
CITY
ベルリン、ドイツ
CATEGORY

She She Pop

HP: http://www.sheshepop.de/

1998年、ギーセン大学応用演劇学科専攻の卒業生によって結成された女性パフォーマンス集団。オリジナルメンバーは、ベルリンとハンブルク在住のゼバスティアン・バーク、ヨハンナ・フライブルク、ファニ・ハルンバーガー、 リーザ・ ルカッセン、 ミーケ・マッツケ、イリア・パパテオドル、ベリット・シュトンプ。レパートリー劇団の持つ既存のヒエラルキーから飛び出して、集団的な作品制作と上演を行う。
作品進行上の重要な要素として、観客を巻き込むことで知られている。2010年には、『リア王』を脚色した『TESTAMENT(遺言/誓約)』で FavoritenフェスティバルWild-Card賞を受賞。2011年にはImpulseフェスティバルでゲーテ・インスティトゥート賞を受賞。

コンセプトShe She Pop
クリエーションメンバーゼバスティアン・バーク、ヨハンナ・フライブルク、バーバラ・グローナウ、アネット・グレシュナー、ファニ・ハルンブルガー、アレクサンドラ・ラハマン、カタリーナ・ローレンツ、リーザ・ルカセン、ミーケ・マツケ、ペギー・メトラー、イリア・パパテオドル、ヴェンケ・ゼーマン、ベーリット・シュトゥンプフ、ニーナ・テクレンブルク
ドラマトゥルク協力カーヤ・ヤクシュタット
コーディネーターヴェロニカ・シュタイニンガー
舞台美術ザンドラ・フォックス
衣装レア・シュブシュ
照明スヴェン・ニヒタライン
音響フロリアン・フィッシャー
映像ザンドラ・フォックス、ブランカ・パブロヴィッチ
アシスタントアイリカ・ライボルト、アンヤ・プレダイク
字幕KITA / David Maß、古後奈緒子
制作・広報ehrliche arbeit
ツアーマネージャークシェニア・ライデルカンパニー
マネージャーエルケ・ヴェーバー
製作She She Pop
共同製作HAU Hebbel am Ufer(ベルリン)、カンプナーゲル(ハンブルク)、FFT(デュッセルドルフ)、brut Wien
助成ベルリン市、ハンブルク市、Rudolf Aug-stein財団、Darstellende Künste
特別協力ドイツ文化センター
主催KYOTO EXPERIMENT