公式プログラム

悪魔のしるし

わが父、ジャコメッティ

悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志

ジャコメッティになりきった画家の父と、
矢内原伊作になりきった演劇を志す息子との奇妙な演劇的生活・・・

会場にかろうじて搬入できるような巨大構造物をつくり、参加者と協同作業で運び入れる「搬入プロジェクト」は、行為の単純さからは想像もつかないほど、祝祭性に満ちた劇的なプロジェクト。悪魔のしるしの代名詞ともなったこの作品は、すでに国内外で上演されているが、舞台作品においても、彼らは、演劇にまつわる暗黙の了解や構造を撃つ作品を発表し、怖いもの知らずの活動を展開している。主宰の危口統之をはじめ、建築やファッションなど多分野にまたがる専門家たちによる異色のパフォーマンス集団の成せる技と言えるだろう。

新作舞台作品『わが父、ジャコメッティ』は、かつて画家だった父と舞台芸術を仕事とする息子による物語。痴呆が始まった父は、若い頃、熱烈に憧れた芸術家アルベルト・ジャコメッティと自分を混同している。そんな父に息子は日本人学者の矢内原伊作だと誤認され、彼の妄想につきあって、1日中デッサンのモデルとして椅子に座り続けることに。父と息子の奇妙な演劇的生活が始まった…。

危口本人と実際に画家である彼の実の父親が演じるという虚実入り交じった舞台設定からして、すでに悪魔のしるしの世界が始まっている。主宰によるただの自伝的舞台…であるはずもない「わが父」の物語は、はたして荒唐無稽な喜劇なのか、シニカルな悲劇なのか。

悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志 悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志 悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志 悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志 悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志 悪魔のしるし『わが父、ジャコメッティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:堀川高志
YEAR
2014
DATES
10.16(木)-10.19(日)
VENUE
京都芸術センター 講堂
DURATION
60~80
LANGUAGE
日本語(一部フランス語)
CITY
横浜、日本
CATEGORY

悪魔のしるし
AKUMANO SHIRUSHI

HP: http://www.akumanoshirushi.com/

2008年結成。危口の思いついた何かをメンバーたちが方法論も知らず手さぐりで実現していった結果、演劇・パフォーマンス・建築・美術など多様な要素をもつ異色の集まりとして注目される。
作風は基本的に、演劇的な要素の強い舞台作品と、祝祭的なパフォーマンス作品という二つの系統。団体名は、主宰・危口統之の敬愛する英国のロックバンドBLACK SABBATH の楽曲「SYMPTOM OF THEUNIVERSE」に付けられた邦題、「」に由来。

危口統之
Noriyuki KIGUCHII

1975年岡山県倉敷市生まれ。横浜国立大学工学部建設学科卒業。大学入学後演劇サークルに所属し舞台芸術に初めて触れるも卒業後ほどなくして活動停止、 建設作業員として働き始める。周囲の助けもあって2005年あたりから断続的に活動再開。 2008年、演劇などを企画上演する集まり、悪魔のしるしを組織し現在に至る。
2011 年、トーキョーワンダーサイトによる「国内クリエーター制作交流プログラム」に選出され、滞在制作を行う。2012 年度より、セゾン文化財団ジュニア・フェロー、2014 年度よりシニア・フェローとして支援を受ける。主な作品に『搬入プロジェクト』『桜悪魔の園しるし』『悪魔としるし』など。

木口敬三
Keizo KIGUCHI

1941 年岡山県倉敷市生まれ。武蔵野美術大学油絵科卒業。フランス政府私費留学試験合格後、パリ留学(1968 〜1970)。1971〜1972再渡仏。
帰国後は故郷倉敷を拠点に、油彩画、銅版画を中心とした制作活動を行っている。

作・演出危口統之
原案『ジャコメッティ』『完本 ジャコメッティ手帖』 矢内原伊作 / みすず書房
出演木口敬三、木口統之、大谷ひかる
映像荒木悠
音楽阿部海太郎
照明大島真(KAAT神奈川芸術劇場)
字幕操作木口啓子
舞台監督佐藤恵
グラフィックデザイン宮村ヤスヲ
企画悪魔のしるし、KAAT神奈川芸術劇場
制作悪魔のしるし、岡村滝尾(オカムラ&カンパニー)、澤藤歩(KAAT神奈川芸術劇場)
製作悪魔のしるし
共同製作KYOTO EXPERIMENT、KAAT神奈川芸術劇場
助成公益財団法人セゾン文化財団、公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
主催KYOTO EXPERIMENT