公式プログラム

contact Gonzo

xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ

contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和

会場はまさかの巨大スタジアム!
パフォーミングアーツと、スポーツの狭間で繰り広げられる〈スペクタクル=見せ物〉

人と人が殴りあい、肉体を衝突させあうスリリングなパフォーマンスで人々を魅了し、いまや現代アートの領域でも活発に活動するcontact Gonzo。舞台作品としては、写真家のホンマタカシを巻きこんだ作品や、パフォーマンスが発する音のみを多チャンネルスピーカーから聞かせる音響作品など、透徹した思考と大胆なチャレンジで、既存の舞台作品の枠組みを悠然と乗り越えてきた。

KYOTO EXPERIMENT初登場となる彼らは、京都サンガF.C.のホームスタジアムとしてもおなじみ、西京極スタジアムを会場に選び新作を発表する。

一定のルールという規範のもと、圧倒的な身体性を見せるスポーツ選手のパフォーマンスに、パフォーミング・アーツへと通じる可能性を見出したというが、はたして収容規模2万人を超える巨大スタジアムでの作品上演は、いかにして成立するのか。当日は、国内外にその名を知られたバンド「にせんねんもんだい」が生ライブでバックアップする。

古代ローマで生まれたコロッセウムのスペクタクルから、オリンピックの熱狂まで。スタジアムにまつわる数々の記憶を参照しながら、動きそのものが人々を魅了する仕組みを新たに思考する、彼らの試みの行き着く先は!?

contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和 contact Gonzo『xapaxnannan(ザパックス・ナンナン):私たちの未来のスポーツ』 西京極スタジアム 撮影:井上嘉和
YEAR
2014
DATES
10.15(水)
VENUE
西京極スタジアム
DURATION
60
CITY
大阪、日本
CATEGORY

コンタクトゴンゾ
contact Gonzo

HP: http://contactgonzo.blogspot.jp/

2006 年に塚原悠也と垣尾優により結成。肉体の衝突を起点とする独自の牧歌的崇高論を構築し、即興的なパフォーマンス作品や、映像、写真作品を制作。 とは、集団の名称であると同時に彼らの追究する方法論の名称でもある。現在、事務所を自分たちで作りながら、様々な果物を時速100キロで身体に打ち込む実験や山中の斜面を滑り降りる「山サーフィン」を開発中。
現メンバーは塚原悠也、三ヶ尻敬悟、金井悠、松見拓也、小林正和の5名。メンバーは個々においてもそれぞれの分野で作品を発表、もしくは料理や読書等をしている。セゾン文化財団助成対象アーティスト。トヨタコレオグラフィーアワード2014 ファイナリスト(塚原悠也として)。

グループ名の由来
「gonzo」という単語は、1970 年代に展開された「ゴンゾ・ジャーナリズム」というムーブメントから借りています。そもそもの発案者はハンター・トンプソン(ジャーナリスト・作家)とされているんですが、「めちゃくちゃな」というスラングから来ているらしいこの単語を援用した手法は、従来の「客観的」だとされていたジャーナリズムとは正反対の「主観的」な判断で取材が進んでいき、対象すらもあやふやになるという、ジャーナリズムの「領域」を内側から喜々として破壊するようなものに僕には見えました。
さらに「gonzo」の手法は写真やポルノにも応用されていき、リテラシーが高いとされる様々な表現手法が「gonzo」によって引きずり降ろされたんです。特に「ゴンゾ・ポルノグラフィー」と呼ばれるものでは、従来は作品に必須とされていた「物語」に性器のアップの映像が取って代わり、カメラは男優の手持ちへと変化した。すると、これまで何かを語る際に疎外されてきていたような出来事も、すべて含んで語る事が可能になったわけなんです。こうした映像感覚も含めて、このムーブメントには大きな影響を受けています。
「殴り合う果ての関係性 塚原悠也インタビュー」(CINRA.NET、2010 年9月10日)より抜粋

にせんねんもんだい
NISENNENMONDAI

高田正子(g)、在川百合(b)、姫野さやか(ds)により、1999 年に東京で結成された女性3 人組のインストゥルメンタル・バンド。東京を拠点にライブ活動を展開、自主制作盤の発表を重ねる。2006 年に自身のレーベル“美人レコード” を設立し、『とり』『ろくおん』などのアルバムを発表。
アヴァンギャルドかつ即興的な爆音サウンドでアンダーグラウンド・シーンを中心に注目を浴び、アメリカやヨーロッパなどでも人気を呼ぶ。『デスティネイショントーキョー』(2008)、『FAN』(2009)を発表。2013 年7 月には、自身のバンド名の頭文字を冠した『N』をリリース。

構成contact Gonzo
出演contact Gonzo(塚原悠也、三ヶ尻敬悟、松見拓也、小林正和)、にせんねんもんだい、阿児つばさ、角侑里子、高田光、塚原真也、津田和俊、平尾真希、三重野龍
音響西川文章
製作contact Gonzo
共同製作KYOTO EXPERIMENT
助成公益財団法人セゾン文化財団
主催KYOTO EXPERIMENT

ARCHIVE

  • 足立智美×contact Gonzo『てすらんばしり』 2016 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和

    足立智美 × contact Gonzo

    てすらんばしり