公式プログラム

She She Pop

春の祭典ーShe She Pop とその母親たちによる

She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和

「春の祭典」を母と踊る?!
儀式性の中で、現代の女性の姿をアクチュアルに描き出す

演出家、脚本家、俳優といった役割をあえておかず、創作は常にメンバー共同で行うユニークなスタイルの女性アーティスト集団、She She Pop。昨年のKYOTO EXPERIMENT では、手紙、日記、写真などを無造作に取り出し、個人の記憶を紐解きながら、互いの揺れ動く関係性、心情を露わにしていく作品『シュプラーデン(引き出し)』を上演。そこには、激動する20 世紀後半のベルリンの政治状況が刻印され、壁の両側で生まれた女性たちの生き様と大文字の歴史が巧みに浮かび上がり、前評判に違わぬ興奮があった。

ストラヴィンスキーの傑作バレエ音楽「春の祭典(原題:La Sacre du Printemps)」に想を得た本作。その音楽に流れる野性的で強烈なリズムを通奏音に、She She Pop とその母親たちが、家族や社会における女性の存在を描き出す。本作のクリエーションのため昨年京都に滞在していた間には日本の神話や家族社会学における女性の自己犠牲について取材、さらに日本の女性たちへインタビューを行った。男女の間そして母と娘の間でしばしば生じる自己犠牲にまつわるこの世の問題に、この音楽が本来持つ神への捧げものとしての「犠牲」といった宗教的な領域を重ね合わせ、She She Pop が入り組んだ素材を絶妙にまとめ上げる。なお、本作はKYOTO EXPERIMENT との共同製作作品となる。

She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和 She She Pop『春の祭典——She She Pop とその母親たちによる』 京都府立府民ホール“アルティ” 撮影:井上嘉和
YEAR
2014
DATES
10.4(土)-10.5(日)
VENUE
京都府立府民ホール
“アルティ”
DURATION
90
LANGUAGE
ドイツ語(日本語・英語字幕あり)
CITY
ベルリン、ドイツ
CATEGORY

She She Pop

HP: http://www.sheshepop.de/

1998 年、ギーセン大学応用演劇学科専攻の卒業生によって結成された女性パフォーマンス集団。オリジナルメンバーは、ベルリンとハンブルク在住のゼバスティアン・バーク、ヨハンナ・フライブルク、ファニ・ハルンバーガー、 リーザ・ ルカセン、 ミーケ・マツケ、イリア・パパテオドル、ベーリット・シュトゥンプフ。
レパートリー劇団の持つ既存のヒエラルキーから飛び出して、集団的な 作品制作と上演を行う。作品進行上の重要な要素として、観客を巻き込むことで知られている。2010 年には、『リア王』を脚色した『Testament(遺言/誓約)』で Favoriten フェスティバルWild-Card 賞を受賞。2011 年にはImpulse フェスティバルでゲーテ・インスティトゥート賞を受賞。

コンセプトShe She Pop
クリエーションメンバーコーネリア&ゼバスティアン・バーク、ハイケ&ヨハンナ・フライブルク、ファニ・ハルンブルガー、リーザ・ルカセン、ミーケ・マツケ、イレーネ&イリア・パパテオドル、ハイディ&ベーリット・シュトゥンプフ、ニーナ・テクレンブルク
映像ベンヤミン・クリーグ
美術ザンドラ・フォックス
衣装レア・シュブシュ
音楽協力ダミアン・レープゲツ
振付協力ジル・エマーソン
アシスタント・ドラマトゥルク協力ヴェロニカ・シュタイニンガー
照明デザイン・テクニカルディレクタースヴェン・ニヒタライン
照明アンドレアス・クレーアー
音響フロリアン・フィッシャー
グラフィック・デザイントビアス・トロースト
映像アシスタントアナ・ツェット
トレーナーマリアナ・セネ・ドス・サントス
制作・広報ehrliche arbeit- freelance office for culture
カンパニーマネージャーエルケ・ヴェーバー
英語字幕翻訳KITA
字幕翻訳古後奈緒子
製作She She Pop
共同製作KYOTO EXPERIMENT, HAU Hebbel am Ufer, FFT Düsseldorf, Tanzhaus NRW, Künstlerhaus Mousonturm, Kaserne Basel, brut Vienna, German Language Theater Festival of Prague, Archa Theater Prague, Théâtre de la Ville/Festival d’Automne à Paris

京都芸術センター×KYOTO EXPERIMENTアーティスト・イン・レジデンスプログラム

特別協力ドイツ文化センター
助成ベルリン州政府文化局、ベルリン首都文化基金
共催京都府立府民ホール“アルティ”
主催KYOTO EXPERIMENT