公式プログラム

篠田千明

ZOO

篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也

独自のスタイルを貫く篠田がチリ発の先鋭戯曲と出会った

演劇という枠組みを越境して、ポップでストリートな活動を繰り広げる快快(ファイファイ)の演出家として活動してきた篠田千明は、2012年、快快を抜けてソロ活動を開始。タイ・バンコクへ拠点を移して、そこで出会った人たちとの集団制作を通して作品を発表してきた。一昨年からは、『機劇』『非劇』と題して新作を立ち上げ、”劇を機する”、“劇に非ず”という、劇の成り立ちそのものを問い直すような関心の在処を示している。

そんな篠田が新たに目をつけたのは、チリ演劇界の若手を代表するマヌエラ・インファンテの戯曲『動物園』。2016年春のKYOTO EXPERIMENTにおいて、インファンテ自身によって日本初演されたこの戯曲は、原住民を発見した科学者のレクチャーという形式をとりながら、植民地主義や「人間の展示」という主題に挑んだもの。上演芸術にとっての「他者性」とは何かを見据えつつ、篠田が本作で観客の目の前に展示するものとは?文化的背景の異なる人間の出会いを様々なやり方でコーディネート、編集してきた篠田千明が、この戯曲からどんなエッセンスを抽出するのか、その制作手腕に興味は尽きない。

篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也 篠田千明『ZOO』 2016 京都芸術センター 撮影:松見拓也
YEAR
2016 AUTUMN
DATES
11.11(金)-11.13(日)
VENUE
京都芸術センター 講堂
DURATION
75
LANGUAGE
日本語・英語(日本語および英語字幕あり)
CITY
バンコク、タイ
CATEGORY

篠田千明
Chiharu Shinoda

HP: http://shinodachiharu.com/

演出家、作家、イベンター。世界を思考指向嗜好し、人・物・出来事をcompose(配置・作曲)する。1982年東京生まれ。2004年に多摩美術大学の同級生と快快を立ち上げ、2012年に脱退するまで、中心メンバーとして主に演出、脚本、企画を手がける。
国内外のフェスティバルや劇場に招聘され、2010年にはチューリッヒシアタースペクタクルのZKBパトロネーゼの最優秀賞を受賞する。また2012年にはトヨタコレオグラフィーアワードのファイナリストに選出される。2012年以降バンコクに拠点を移す。2016年度セゾン文化財団ジュニア・フェロー。

岸本佳子
Kako Kishimoto

演出家・ドラマトゥルク・翻訳家。2009年より多言語劇団「空(utsubo)」主宰。米国コロンビア大学芸術大学院ドラマツルギー専攻修了(MFA)。東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位取得満期退学。翻訳に、ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマ『ライフ・アンド・タイムズ – エピソード1』(静岡県舞台芸術センターSPAC主催)、ロジェ・ベルナット作『パブリック・ドメイン』(フェスティバル/トーキョー)他多数。これまでに、東京大学、東京女子大学、専修大学ほか兼任講師。2014年2月『林さん』作・演出にて芸創connect vol.7最優秀賞受賞。

たかくらかずき
Kazuki Takakura

HP: http://takakurakazuki.com/

1987年生まれ。ドット絵、イラスト作品をはじめ、グラフィックデザイン、ゲーム制作、展示企画、舞台美術など、デジタルな表現手法をベースにジャンルを横断し活動している。
近年の仕事に、範宙遊泳『われらの血がしょうたい』アートディレクション、PUFFYシングル「パフィピポ山」CDジャケットグラフィックなど。

福原冠
Kan Fukuhara

1985年神奈川県生まれ。プリッシマ所属。明治大学文学部演劇学専攻在学中に、劇団国道五十八号戦線の旗揚げ公演に参加して演劇活動を開始。その後、範宙遊泳、ロロ、木ノ下歌舞伎、悪い芝居、FUKAIPRODUCE羽衣、Baobab、KUNIOなど、次世代の演劇界を担う若きカンパニーにいずれも主要な役どころで出演。
DJとして都内のクラブで活動する一面を併せ持つ。2014年には範宙遊泳の新たな劇団員となる。また、2015年には同世代の俳優と立ち上げた演劇ユニット【さんぴん】の旗揚げ公演を行った。

増田美佳
Mika Masuda

1983年 京都生まれ。ダンサー/ゴーストライター。京都造形芸術大学 映像・舞台芸術学科卒業。主な出演作品に『庭みたいなもの』(振付/山下残)、『石のような水』(作/松田正隆、演出/松本雄吉)、『天使論』(演出/相模友士郎)、KOBE-Asia Contemporary Dance Festival #03 岡田利規×曽田朋子×ピチェ・クランチェン クリエーション、『PORTAL』(作/林慎一郎、演出/松本雄吉)など。
また架空の詩人・文筆家、嵯峨実果子のゴーストライターでもある。「ミことば」で平成27年度第33回世田谷文学賞 詩部門受賞。ウェブマガジンCLASSROOM Magにてコラム「惑生探査記」を連載中 。

ヤムナ・バンビ・ヴァレンタ
Yamuna Bambi Valenta

ウィーン応用美術大学と東京芸術大学にて、心理学やグラフィックおよびインダストリアルデザイン、ビジュアルコミュニケーションを学ぶ。近年では、京都造形芸術大学にて現代美術の博士課程に在籍。儀式や慣習を通じた文化的体験を軸に、イラスト、オブジェ、ドキュメンタリー写真、音楽や演劇的な映像など作品を制作している。

ゴッドスコーピオン
God Scorpion

HP: http://psychic-vr-lab.com/

メディアアーティスト、現代魔術師、Psychic VR Lab 研究員。時間軸と空間軸のフレームの変化、テクノロジー、魔術をテーマに作品を制作。主な作品に2014年度文化庁若手クリエイター育成事業採択作品『Stricker』、ヴァーチャルリアリティを使った空間ジョッキーソフト『Spatial Jockey』東京リチュアル バンギ・アヴドゥル氏との共作でVR Ritual作品『NOWHERE TEMPLE Beta』等。

筆谷亮也
Ryoya Fudetani

建築デザインを学んだ後、舞台作品の照明デザインを軸に音楽、美術、写真作品、建築のための照明プランなど多分野への活動を積極的に広げ、各分野でのデザイン理論を立体的に結びつけた照明デザインを行っている。 近年は岡崎藝術座、多田淳之介、子供鉅人、大橋可也&ダンサーズなどの国内での舞台作品の他、シンガポール人のマルチメディア・アーティストChoy Ka Fai や台湾の振付家Wen Chi Su、インドネシアの振付家Yola Yulfiantiの作品、また様々な国のフェスティバルに照明家としてとして招聘されるなど、多くの現地プロダクションの作品にクリエーションメンバーとして参加している。

原作マヌエラ・インファンテ
演出篠田千明
ドラマトゥルク・翻訳・字幕岸本佳子(多言語劇団「空 (utsubo)」)
アート・ディレクションたかくらかずき(範宙遊泳)
出演福原冠(範宙遊泳)、増田美佳、ヤムナ・バンビ・ヴァレンタ、茂山童司
VRディレクションゴッドスコーピオン(Psychic VR Lab)
照明筆谷亮也
音響西川文章
制作芝田江梨
舞台監督浜村修司
テクニカルコーディネーター大鹿展明
演出助手大滝まゆ、山崎恭子
助成公益財団法人セゾン文化財団
協力範宙遊泳、プリッシマ、株式会社童司カンパニー、オフィスビギニング、イクシー株式会社、GIFTED AGENT、株式会社パノラマニア、鈴木一太郎、一般社団法人WORLD ART DIALOGUE、サム・アネスリー、嶋田好孝、ダニエル・アインガー、竹内亮介、あごうさとし「Pure Nation」、茂山千五郎、茂山宗彦、茂山茂、加納豊美、池田圭、亀島一徳、菊沢将憲、齋藤友映、菅江一路、武田萌花、前川瑤子、松尾佑一郎、水野由希菜、吉田駿太朗、マイキー・チャー、TORIO
製作KYOTO EXPERIMENT
主催KYOTO EXPERIMENT