公式プログラム

フェデリコ・レオン

Las Ideas(アイディア)

フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和

フェイクとリアル、映像とパフォーマンスの洒脱なラリー

1975年、ブエノスアイレス生まれのフェデリコ・レオンは、舞台演出家、映画作家、俳優、作家…といくつもの肩書きを持つアルゼンチンの才人。アルゼンチン国内はもちろん、ヨーロッパからも熱い注目を集めている。2010年のKYOTO EXPERIMENTでは、青年、若者、老人の3組の俳優による演技と映像とを巧みに組み合わせ、人の一生のうちの甘美な時間の記憶へと観客を誘った。

今回、上演される『Las Ideas(アイディア)』は、制作過程における試行錯誤や葛藤、思わぬひらめきなど、普段頭の中で繰り広げられる自問自答を、対話を通じて描き出す。舞台上には、作業机に見立てた卓球台とMacBook。 レオン自身と彼の共同制作者の2人が自身のアトリエで新たな作品の構想を練っている。

パソコン上では過去の様々な映像素材を見たり、その場で思いついたアイディアを検証したり、またその様子をリアルタイムで記録したり…幾重にも入れ子になった設定さえも自らネタにしながら、小気味よい会話でどこまでもユーモラスにかき乱していく。

作家の内面と創作の神秘という普遍的ともいえるテーマを、さながら卓球のラリーのようにメディアを自在に行き来しながら、多面的に描きだす本作。観客は作家の頭の中を覗き、しばし彼の思考に浸かることになる。演技とメディアの本質を射抜く機会ともなりそうだ。

フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和 フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和 フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和 フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和 フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和 フェデリコ・レオン『Las Ideas(アイディア)』 2016 京都芸術センター 撮影:井上嘉和
YEAR
2016 AUTUMN
DATES
10.28(金)-10.30(日)
VENUE
京都芸術センター 講堂
DURATION
75
LANGUAGE
スペイン語(日本語字幕あり)
CITY
ブエノスアイレス、
アルゼンチン
CATEGORY

フェデリコ・レオン
Federico León

俳優、演出家、劇作家、脚本家、映画監督。1975年アルゼンチン・ブエノスアイレス生まれ。演劇と映画を学び、1997年『Country Smack』で演劇活動をスタート、『Fifteen Hundred Feet Above Jack’s Level』(2001)などの作品をアルゼンチン国内で発表。2002年、ロレックス社が行う若手芸術家支援事業「The Rolex Mentor and Protégé Arts Initiative」の第1回演劇部門に選抜され、ロバート・ウィルソンに師事。その後活動の場を海外にも広げ、『The adolescent』(2003)以降は、クンステンフェスティバルデザール(ブリュッセル)やHAU Hebbel am Ufer(ベルリン)などとの共同製作をはじめ世界各地の劇場やフェスティバルで上演している。これまでアルゼンチン国立劇場が主催する脚本賞最優秀賞の他、数多くの賞を受賞。また、2001年に初の映画『It All Together』の脚本と監督を手がけ、2007年に、第2作目となる『Estrellas (STARS)』は第60回ロカルノ国際映画祭に出品されているなど映画監督としても活躍する。著書に『Registros (Registers)』(2005)がある。

作・演出フェデリコ・レオン
出演フリアン・テショ、フェデリコ・レオン
演出助手・制作ロドリゴ・ペレス、ロシオ・ゴメス=カンテロ
舞台美術アリエル・バカロ
照明デザインアレハンドロ・レ=ルー
音楽・音響ディエゴ・バイネル
衣装パオラ・デルガド
写真イグナシオ・イアスパラ
グラフィックデザインアレハンドロ・ロス
映像システムパウラ・コトン、アグスティン・シェノ

【映像クレジット】

映像および写真撮影ギシェルモ・ニエト
美術マリエラ・リポダス
音響ディエゴ・バイネル
編集アンドレス=ペペ・エストラダ
ポストプロダクションアレハンドロ・ソレル
オブジェ制作ダビド・ドラシオ
キャスティングマリア=ラウラ・ベルシュ
出演マイティナ・アルボルノス、アレハンドラ・マンソ、バルビ・カストロ、パブロ・ガスロリ、アレハンドロ・イニ、パトリシア・ルソ、マリア=ラウラ・サントス、アルフレド・スタフォラニ、マルティン・チラ、エマヌエル・トレス、アントネラ・ケルソリ、ガブリエル・サシャ
共同製作 クンステンフェスティバルデザール( ベルギー) 、Iberes cena( スペイン) 、El Cul tural San Martín(ブエノスアイレス)、FIBA Festival Internacional de Buenos Aires、Fundación Teatro a Mil(チリ)、ラ・バティ・フェスティバル・ジュネーヴ、フェスティバル・ドートンヌ・パリ/バスティーユ劇場、La Villette –residenced’artistes(フランス)

京都公演

日本語字幕翻訳二村奈美
舞台監督河内崇
音響小早川保隆
映像遠藤龍
照明中西絵里(RYU)
テクニカルコーディネート尾﨑聡
主催KYOTO EXPERIMENT

ARCHIVE

  • フェデリコ・レオン『未来のわたし』 京都芸術センター 講堂 撮影:阿部綾子

    フェデリコ・レオン

    未来のわたし