公式プログラム

ルイス・ガレー

El lugar imposible(不可能な場所)

南米の鋭敏なコレオグラファーが日本社会で見出したものとは

アルゼンチン・ブエノスアイレスにおいて、したたかにかつ明確なコンセプトで作品を生み出し異彩を放つ振付家ルイス・ガレーが、2014年に続いて2 度目のKYOTO EXPERIMENT参加を果たす。前回は、「言語学的な身体」への考察から厳格な振付をほどこしたソロ作品『マネリエス』と、身体と物質を対等に扱って、無数のガラクタを舞台上に持ちこん だ『メンタルアクティヴィティ』の2 作品を上演し、いずれも異なる意味で身体の拡張を提示し、話題を呼んだガレーだが、今回は、日本でクリエーションを進めている新作の世界初演となる。

身体の新たな概念を見いだすべく、哲学、科学にも関心を寄せるガレーが、SNSとネット文化の発達した日本人の身体とその意識をどのように扱うのか。

2015年モンペリエ・ダンスフェスティバルで発表した『Cocooning』では、ダンサーの身体をインスタレーションとして提示、同年のウィーン芸術週間での『Under de si』では、アルゼンチン出身の美術家ディエゴ・ビアンキとの共同制作で新しい身体の概念を提示した。それに続く今回の新作では、ミュージシャンのオオルタイチが参加。日本で見出した数十名のダンサーやパフォーマーを会場内に配置し、その合間を観客が巡り歩くインスタレーション型の上演形式を予定している。

ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也 ルイス・ガレー『El lugar imposible(不可能な場所)』 2016 ロームシアター京都 撮影:松見拓也
YEAR
2016 AUTUMN
DATES
10.28(金)-10.30(日)
VENUE
ロームシアター京都
ノースホール
DURATION
100分(上演中の入退場可能)
CITY
ブエノスアイレス、
アルゼンチン
CATEGORY

ルイス・ガレー
Luis Garay

HP: http://luisgaray.hotglue.me/

1981年コロンビア生まれ、現在はアルゼンチンを拠点に活動する。ブエノスアイレス・サン・マーチン演劇・現代ダンス学校卒業。フィンランド、コロンビア、フランスでもバレエ等を学ぶ。哲学的問題と、エクササイズやスポーツ、労働、瞑想などの基礎的な行為との間で考察、探求する作品は、しばしば身体をその極限の状態にさらすことになる。
パノラマ・フェスティバル(リオデジャネイロ)、ポンピドゥー・センター・メス(パリ)、ウォーカー・アート・センター(ミネアポリス)、モンペリエ・ダンスフェスティバル、ウィーン芸術週間など、世界各地の舞台芸術祭や芸術施設で作品を発表している。

演出ルイス・ガレー
出演暁月、浅井格、荒川由佳、有澤里香、石川麻衣、伊藤満彦、植木明日香、上田尚弘、宇田祐介、岡本成生、小倉笑(28日のみ)、音立日子、梶浦祐沙、金井悠(作陶指導)、木下出、楠毅一朗( 2 9 日のみ) 、沓名勇典、黒川岳、後藤禎稀、佐藤健大郎、重森三果(28日、29日のみ) 、神保須賀子(30日のみ)、杉窪志為、スヌー(28日のみ)、仙波晃典、瀧口翔、高崎咲耶子、田中彩葉、田中佳介、田中美沙子(本人による振付のもと出演)、竹内秀一、とぅーざ、長洲仁美、ネコ ザ メタボ、野瀬友寛、ハイパー★、狭間要一、林茉奈、林実里、東野花、久末景都、日置あつし、日置圭子(28日のみ)、前田愛美 、松下明正、松本聖也、三浦光雅、南本研志、森田理紗、横山大樹、好光義也、渡辺美帆子
音楽オオルタイチ、イスマエル・ピンクラー
アドバイザーヴァニナ・スコラヴィーノ
照明デザインシルヴィ・メリス
通訳荒尾日南子
制作大藪もも、河本あずみ
舞台監督夏目雅也
照明葭田野浩介(RYU)
音響大久保歩(KWAT)
舞台監督補助有澤京香
舞台サポート木本るり、鈴木俊介、竹本夏絵、土田しほり、牧野恵子
製作ルイス・ガレー
共同製作KYOTO EXPERIMENT
レジデンシーサポートFusebox Festival(NPN パフォーミング・アメリカズ・クリエイティブ・エクスチェンジ・レジデンシープログラムの一部として)
協力公益財団法人セゾン文化財団
主催KYOTO EXPERIMENT

ARCHIVE

  • ルイス・ガレー『マネリエス』 京都芸術センター フリースペース 撮影:井上嘉和

    ルイス・ガレー

    マネリエス

  • ルイス・ガレー『メンタルアクティヴィティ』 京都芸術センター 講堂 撮影:守屋友樹

    ルイス・ガレー

    メンタルアクティヴィティ