公式プログラム

庭劇団ペニノ

地獄谷温泉 無明ノ宿

庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和

妄想うずまく湯治宿で、心の深淵をのぞき見よ

元精神科医という異色のキャリアを持つタニノクロウの妄想世界を、驚異的に作り込んだ美術で舞台化する庭劇団ペニノ。意識下にあるダークサイドを喚起させながら、後々まで尾を引くような鑑賞体験は他に類を見ない。タニノの岸田國士戯曲賞受賞作ともなった『地獄谷温泉 無明ノ宿』が受賞後初の待望の上演となる。

舞台は、北陸の山奥の湯治宿。風変わりな人形師の親子、盲目の男、三助(浴客の背中を流す使用人)、老婆、芸妓…など、一癖も二癖もある人物が次々に登場。見てはいけない世界を覗いてしまったような感覚とともに、常にはりつめた空気を漂わせる作劇の力は、岸田賞の選考委員たちからも強く賛辞を集めたところ。
線路建設のためにやがて取り壊される運命にある秘湯の宿から、人間の無明(迷い)、欲望、残酷さなどの心の深淵に迫る本作、異世界のようでいて、どうしようもなく日本であることもまた、覗き見感覚を増幅させる。ペニノの代名詞ともいえる美術作品のような舞台装置、巨大な2階建ての回転舞台を活かした鮮やかな場面転換も見ものだ。

<あらすじ>
舞台は山奥にある古い湯治宿。ここは村人たちの憩いの場、病気の療養の場として長い間愛されてきた。しかし、そこは近く新しい線路を通す工事のため取り壊される運命にあった。2015年、秋が冬支度をし始めたある日、東京から風変わりな二人の親子がやってきた。この宿の主人に頼まれて人形劇を見せに来た人形遣いの親子だった。父親の方は身の丈が三尺ほどしかない小人症の老人で、その息子は表情が乏しく仮面のような顔をして薄気味悪い。依頼主に会えぬまま待ちぼうけを食う親子。日が暮れて帰る手段もなくなり、仕方なく一泊することとなる。村人たちはこの風変わりな親子の突然の訪問に、困惑する一方強く興味を惹かれていく。そして、やがて村人たちは心の深淵を揺さぶられ、暗部を露わにしていく。

庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 庭劇団ペニノ『地獄谷温泉 無明ノ宿』 2016 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和
YEAR
2016 AUTUMN
DATES
11.9(水) -11.13(日)
VENUE
ロームシアター京都 ノースホール
DURATION
130
LANGUAGE
日本語(英語字幕あり)
CITY
東京、日本
CATEGORY

庭劇団ペニノ
Niwa Gekidan Penino

HP: http://niwagekidan.org/

2000年1月、昭和大学演劇部メンバー有志にて「庭劇団ペニノ」を結成。自宅マンションを改造した劇場スペース「はこぶね」や野外での公演など、作り込んだ舞台美術とともに上演空間には透徹したこだわりを持つ。『笑顔の砦』(2007年)『星影のJr.』(2008年)で2年連続で岸田戯曲賞にノミネート。フェスティバル/トーキョー09秋に参加、2011年1月には東京芸術劇場主催公演で『チェーホフ?!』の作・演出を担当。狂気と紙一重な美しい精神世界を表現し、好評を得る。
代表作『苛々する大人の絵本』は2009年にベルリン(独)、2010年にチューリッヒ(スイス)、グロニゲン(オランダ)などで上演され、スイスの著名な演劇賞ZKB Patronage Prize 2010 にノミネートされた。また『誰も知らない貴方の部屋』のアメリカ5都市ツアーを行い好評を得た(2014年)。2015年『大きなトランクの中の箱』がウィーン芸術週間、世界演劇祭にて招聘され、ウィーン地元紙で五つ星の評価を得た。

タニノクロウ
Kuro Tanino

1976年富山県出身。庭劇団ペニノの主宰、座付き劇作・演出家。セゾン文化財団シニアフェロー(2015年まで)。2000年医学部在学中に庭劇団ペニノを旗揚げ。以降全作品の脚本・演出を手掛ける。ヨーロッパを中心に、国内外の主要な演劇祭に多数招聘。2015年3月ドイツにて新作『水の檻』を発表。2016年『地獄谷温泉 無明ノ宿』にて第60回岸田國士戯曲賞受賞。

作・演出タニノクロウ
出演マメ山田、辻孝彦(劇団唐組)、飯田一期、石川佳代、久保亜津子、日高ボブ美(ロ字ック)、森準人
声の出演田村律子
構成玉置潤一郎、山口有紀子、吉野万里雄
美術稲田美智子
照明阿部将之
照明操作阿久津未歩
音響佐藤こうじ
舞台監督久保勲生
演出助手松本ゆい
音楽奥田祐
胡弓指導川瀬露秋
制作小野塚央
企画・製作庭劇団ペニノ
助成芸術文化振興基金

京都公演

演出部さかいまお、井上和也
制作河本あずみ、小森あや
制作協力本郷麻衣
主催 庭劇団ペニノ、合同会社アルシュ、K YOTO EXPERIMENT

ARCHIVE

  • 庭劇団ペニノ『大きなトランクの中の箱』 元・立誠小学校 講堂 撮影:堀川高志

    庭劇団ペニノ

    大きなトランクの中の箱