公式プログラム

ボリス・シャルマッツ / ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス

喰う

ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹

フランス・ダンス界の寵児が到達した“食べる”という行為に、ダンサーの身体は、観客は、何を見出すか

1996年、「バニョレ国際振付家コンクール」の振付賞と最優秀ダンサー賞を23 歳で受賞して、華々しくコンテンポラリーダンス界にデビューしたボリス・シャルマッツ。2011年には、アヴィニョン演劇祭のアソシエイト・アーティストとして『enfant』を発表。大人の暴力、欲望の対象とされる子どもたちが、一転して大人を追いたてるような舞台は、現代の鮮やかなネガ/ ポジとなっていた。2015年には、ダンスというレンズを通してみることで美術館を別の空間へと変貌させる『テートモダンがMusée de la danse だったら?』および、オペラ座バレエ団のダンサー20人が、パリのガルニエ宮のパブリックスペースで踊るシリーズの最新作『20世紀のための20人のダンサー』を発表し話題に。シャルマッツは、いまも世界の注目を集める存在であり続けている。

2014年にドイツで初演された本作の原題「manger(マンジェ)」は、直訳すれば「食べる」の意。通常のダンス表現ではあまり重要な役を与えられない「口」をムーブメントの中心にして、食べることから歌うこと、そして、呼吸や消化といった根源的な行為へとダンサーの身体が駆り立てられることになる。食べ物に見立てられた何かに激しく噛みつき、飲みこみ、咀嚼し続けるパフォーマーの行為を、現実を消化している姿とみるか、宗教的な祈りの表現とみるか。あるいは、身体を使った劇画、サウンドインスタレーションだろうか。そして、最後にはすべてが消えてなくなる。

ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹 ボリス・シャルマッツ/ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス『喰う』 2016 京都芸術劇場 春秋座 撮影:守屋友樹
YEAR
2016 SPRING
DATES
3.26(土)-3.27(日)
VENUE
京都芸術劇場 春秋座
DURATION
90 分(トーク30分+パフォーマンス60分)
LANGUAGE
トークは日本語逐次通訳あり
CITY
レンヌ、フランス
CATEGORY

ボリス・シャルマッツ
Boris Charmatz

HP: www.museedeladanse.orgwww.borischarmatz.org

ダンサー、振付家。『Aatt enen tionon』(1996)や『manger』(2014)をはじめとする数々の優れた作品を世に送り出している。パフォーマーおよび即興ダンサーとしても活動を展開。イザベル・ローネーとの共著『Undertraining / On A Contemporary Dance』やジェローム・ベルとの共著『Emails 2009–2010』の他、移動型の学校プロジェクトBocal を回顧した『Je suisune école』の著者でもある。
2011年アヴィニョン演劇祭のアソシエイト・アーティスト。2009年からは、ブルターニュ国立劇場(レンヌ)を新たなダンスのミュージアムに生まれ変わらせるべく、同劇場のディレクターを務めている。

振付ボリス・シャルマッツ
出演オル・アヴィシャイ、マチュー・バルバン、ヌノ・ビザッロ、アシュレ・チェン、オルガ・デュクホブナヤ、アリックス・エイノーディ、ペギー・グルラ・デュポン、クリストフ・イブ、モード・ル・プラデク、フィリップ・ルーランソ、マーク・ロリマー、マニ・A・ムンガイ、マルレーヌ・サルダナ
照明イブ・ゴディン
照明技術ファブリス・ルフ
音響 オリビエ・ルヌフ
ボーカル・トレーニングダリラ・カティール
振付助手ティエリー・ミカワン
舞台監督マチュー・モレル
衣装マリオン・レニエ
制作サンドラ・ヌヴー、マルティナ・ホクムス、アメリ・アンヌ・シャプラン
企画・製作ミュゼ・ドゥ・ラ・ダンス、レンヌ・ブルターニュ国立振付センター
助成アンスティチュ・フランセ
共同製作ルール・トリエンナーレ、ブルターニュ国立劇場、パリ市立劇場、フェスティバル・ドートンヌ・パリ、シュタイヤーマルクの秋のフェスティバル(グラーツ)、オランダ・フェスティバル、クンステンフェスティバルデザール(ブリュッセル)、クンストラーハウス・ムーゾントゥルム・

フランクフルト(本作はルール・トリエンナーレ2014のために製作された)

京都公演

ボイストレーナー山中雅博
衣装アシスタント伊丹悠華
日仏通訳中筋朋
助成平成27年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセパリ本部
主催KYOTO EXPERIMENT、京都造形芸術大学舞台芸術研究センター