公式プログラム

ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス

チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式

ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和

VIEW MORE

子ども審査員による授賞式!

地元の小学生がフェスティバルの公式審査員をつとめるプログラム。子どもたちは、自分たちの目ですべてのフェスティバルの公演を見て、自分たちでオリジナルの賞を生みだし、ノミネート作品を決めます。フェスティバルの最終日に開催される授賞式では、子どもたち自身がアーティストに、自ら手作りしたトロフィーを直接授与します。会期中は、レッドカーペットを通って颯爽と会場にあらわれる子ども審査員たちに出会えるかもしれません。

企画及びナビゲーションを行うのは、カナダを拠点に活動するママリアン・ダイビング・リフレックス。彼らは「人々は互いにどのように関わり合えるか」をテーマに遊び心にあふれた参加型プロジェクトを実現しています。

VIEW MORE

ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和 ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス『チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式』 ロームシアター京都 撮影:井上嘉和
YEAR
2017
DATES
11.5(日)
VENUE
ロームシアター京都
サウスホール
LANGUAGE
日本語(英語逐次通訳あり)
CITY
カナダ
CATEGORY

チルドレンズ・チョイス・アワード授賞式を迎えるまで

VIEW MORE

ワークショップ①
「ソーシャル・プラクティス・アート」
ソーシャル・プラクティス・パフォーマンスについて、また、そうした分野で活躍する他のアーティストやプロジェクトについて知るとともに、「チルドレンズ・チョイス・アワード」における、アーティストとしての子ども審査員の役割について学びます。

ワークショップ②
「こどもはなにをしてはいけないか」
子どもが、子どもであることによってしてはいけないことを話し合い、社会における自分たちの役割について子どもたち自身が考えます。

ワークショップ③
アワードの決定
さまざまなアートのかたちを考え、ノミネートする賞を考えます。また、審査員が移動する貸切バスをデコレーションするオリジナルのマグネットポスターを作ります。

ワークショップ④
トロフィーづくり
授賞式で受賞者に手渡すオリジナルのトロフィーを作ります。

作品鑑賞
フェスティバルが開幕したら、いよいよ審査員がVIPとして作品を鑑賞します。上演前後にはアーティストに直接話を聞く機会も。

授賞式リハーサル
全てのこども審査員が、それぞれ賞を発表し、受賞理由を壇上で読み上げる練習をします。

授賞式
子どもたちが決めた賞のそれぞれの受賞者にトロフィーを手渡す授賞式を開催。どなたでも入場いただけます。

ママリアン・ダイビング・リフレックス
Mammalian Diving Reflex

VIEW MORE

ママリアン・ダイビング・リフレックスは、1965年カナダ、エドモントン生まれの作家、脚本家、パフォーマンス・アーティスト、ダレン・オドネルが1993年に設立したアート&リサーチ集団です。2003年まではオドネルの舞台パフォーマンスが中心でしたが、伝統的なヨーロッパ演劇に限界を感じた彼は、芸術の社会的な役割を意識し、「人々はお互いにどのように関わりあえるか」をテーマにアプローチの幅を広げ、世界各地で遊び心にあふれた参加型プロジェクトを実施しています。

本プログラムは、オンタリオ・アーツ・カウンシルのナショナル・イン ターナショナル・ツーリング・プログラム等の支援により実施します。

企画、製作ダレン・オドネル/ママリアン・ダイビング・リフレックス
演出ヤーナ・アイティング、アナリース・プロドール
協力京都市立錦林小学校
助成平成29年度文化庁文化芸術創造活用プラットフォーム形成事業
主催KYOTO EXPERIMENT