公式プログラム

ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン

Black on White

ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和

VIEW MORE

最前線に立ち続ける音楽家と現代音楽屈指のアンサンブル。「不在の美学」は、この伝説的作品から始まった

ドイツを拠点に80年代から活躍する現代音楽家ハイナー・ゲッべルスが、ついにKYOTO EXPERIMENTに登場する。各地の国際フェスティバルでも上演されてきた“ミュージック・シアター”の代表作『Black on White』は、世界トップレベルの室内合奏団「アンサンブル・モデルン」のために書き下ろした作品。

紙の上をペンが走り、文字が書かれる。マイクで拾われたペンの音は朗読の音と重なり、やがて音楽家たちが舞台に現れる…。楽器を準備する間、ある者は書き物をし、ある者は音を立てている。インスタレーションのように空間を立ち上げながら始まるこの舞台は、ある瞬間に突然、音楽家たちによるコンサートになる。現代音楽、ジャズ、黒人音楽、礼拝音楽といった多彩な楽曲を次々と演奏する中、大太鼓にテニスボール、フルートにあわせたやかんの音、朗読音源など、楽器演奏だけにとどまらないあれこれの音が入り混じり、振付された音の群はある種の風景画を空間に描き出す。そこに作者やヒエラルキーといった中心は不在である。あるいは、舞台上にいない死者が中心ともいえる。

舞台には故ハイナー・ミュラーがエドガー・アラン・ポーの小説「影」を読み上げる声が幾度となく挿入される。東ドイツの重要な劇作家、ミュラーの演劇作品で音楽を担当してきたゲッベルスからの、ユーモアあるレクイエムのようにも聞こえてくる。

VIEW MORE

ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和 ハイナー・ゲッベルス×アンサンブル・モデルン『Black on White』 京都芸術劇場 春秋座 撮影:井上嘉和
YEAR
2017
DATES
10.27(金)-10.28(土)
VENUE
京都芸術劇場 春秋座
DURATION
80
LANGUAGE
多言語(日本語、英語字幕あり)
CITY
フランクフルト、ドイツ
CATEGORY

ハイナー・ゲッベルス
Heiner Goebbels

VIEW MORE

HP: www.heinergoebbels.com

1952年生まれ。フランクフルト・アム・マインを拠点に活動。 作曲家、演出家。1990年代はじめより、『Black on White』(出演:アンサンブル・モデルン)などの独創的な音楽劇《ミュージック・シアター》を作曲、演出。作品は主要な国際フェスティバルで発表され高い評価を得てきた。自らもメンバーである実験的ロックグループ「カシーバー(Cassiber)」の活動、また、戦後ドイツ最大の劇作家、ハイナー・ミュラー(1929−1995)と知り合い、数多くのコラボレーションを行った。パリのポンピドゥー・センターをはじめとする多くの美術館や美術展でインスタレーション作品も発表している。
2012年から2014年までは、ルール・トリエンナーレの芸術監督を担当。自身が出演したほか、マリーナ・アブラモヴィッチ、マシュー・バーニー、ロメオ・カステルッチ、ボリス・シャルマッツ、アンヌ=テレサ・ドゥ・ケースマイケル、アンサンブル・モデルン、ウィリアム・フォーサイス、ダグラス・ゴードン、池田亮司、ジョーン・ジョナス、ロベール・ルパージュ、クリスチャン・マークレー、マッシヴ・アタック、リミニ・プロトコル、坂本龍一、ティノ・セーガル、ロバート・ウィルソンら、音楽、演劇、ダンス、アート界から多彩な表現者を招聘して好評を得た。
現在は、ギーセン大学応用演劇学科教授およびヘッセンのシアター・アカデミーの代表を務める他、グラミー賞に2回にわたりノミネートされ、2012年には世界で最も権威のある演劇賞と言われる国際イプセン賞、バーミンガムシティ大学から名誉博士号を授与されるなど、数多くの国際的な賞を受賞している。

アンサンブル・モデルン
Ensemble Modern

VIEW MORE

HP: www.ensemble-modern.com

HP: www.facebook.de/EnsembleModern

1980年に結成されたアンサンブル・モデルンは、世界でもトップレベルの現代音楽合奏団。フランクフルト・アム・マインを拠点に、指揮者や音楽監督を定めず、団員全員でコレクティブに活動する。個性的で独特なレパートリーを持ち、ザルツブルク音楽祭、ベルリン音楽祭、リンカーン・センターフェスティバル(ニューヨーク)、フェスティバル・ドートンヌ・パリ、ルツェルン音楽祭といった国際フェスティバルの他、ケルン・コンサートホール、コンツェルトハウス・ベルリン、エッセン・コンサートホールをはじめとする、世界的に有名なホールで年間約100公演を行う。作曲家との密接な稽古を通して、オーセンティックで高い水準の演奏を目指す。ジョン・アダムス、ハイナー・ゲッベルス、ジェルジュ・クルターグ、ジェルジュ・リゲティ、カールハインツ・シュトックハウゼン、スティーヴ・ライヒ、フランク・ザッパといった著名アーティストとの、長年にわたる冒険的な試みも高く評価されている。CDアルバムの多くは、エコー賞やドイツレコード批評家賞を受賞した他、グラミー賞にも複数回ノミネートされている。

構成、作曲、演出ハイナー・ゲッベルス
舞台美術、照明デザインジャン・カルマン
衣裳デザインヤスミン・アンドレアーエ
音響エンジニアノルベルト・オマー
演出助手シュテファン・ブーフベルガー
プロダクションマネージャーミヒャエル・K. シュミット
電気技術監督フランク・クラウス
照明技術ホルガー・クレス
ステージマネージャーマルセル・ハイデ
舞台美術アシスタントトルステン・クノス
音響技術フォルカー・ベルンハルト
衣裳アシスタントヤニーナ・バルトフーバー
出演(アンサンブル・モデルン) ディートマー・ヴィースナー(ピッコロ、バスフルート)
キャサリン・ミリケン(オーボエ、ディジュリドゥ、ヴォーカル)
ローラント・ディリー(クラリネット)
マティアス・シュティヒ(コントラバス、クラリネット、サクソフォン)
バルバラ・ケーリク(ファゴット)
ザール・ベルガー(ホルン)
ウィリアム・フォアマン(トランペット)
ウーヴェ・ディルクセン(トロンボーン)
ヘルマン・クレッツマー(アコーディオン、サンプラー、シンバル)
ウリ・ヴィゲット(クラヴィコード、ハープ)
ルミ・オガワ(ツィンバロン、パーカッション、スピーカー)
ライナー・レーマー(パーカッション)
ジャグディーシュ・ミストリ(ヴァイオリン)
スヴァンチェ・テスマン(ヴァイオリン)
フレヤ・リッツ-カービィ(ヴィオラ、ヴォーカル)
エヴァ・ベッカー(チェロ)
ミヒャエル・M. カスパー(チェロ)
ヨアヒム・ティネフェルト(コントラバス、エレキベース)
協力京都市立芸術大学音楽学部、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

主催KYOTO EXPERIMENT、京都造形芸術大学舞台芸術研究センター