公式プログラム

マレーネ・モンテイロ・フレイタス

バッコスの信女―浄化へのプレリュード

Photo by Takeshi Asano

VIEW MORE

黙示録のトランペットは、ショットガンか、あるいは…?
ディオニソスの狂乱に染まる宴

ローザスの芸術監督アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルにダンスを学び、セシリア・ベンゴレアとフランソワ・シェニョーととも共作を果たすなど、近年めざましい活躍を見せるマレーネ・モンテイロ・フレイタス。ヴェネツィア・ビエンナーレ2018舞踊部門では銀獅子賞を受賞を果たし、その傑出した才能に世界からも注目が集まっている。
フレイタスが長大なスケールの作品に臨むにあたり、エウリピデスによるギリシア悲劇『バッコスの信女』をそのモチーフに選んだことはなにも驚くべきことではない。この試みは、ダンスに対して文学や心理学的なアプローチを仕掛けるといった迂遠なことではなく、むしろ振付家自身の美学を存分に解き放つのにまさにうってつけのしつらえなのだ。
太陽神アポロンに象徴される調和と理性、酒の神ディオニソス(バッコス)が示す野性と衝動、ふたつの相反する力に引き裂かれる人間の精神。『バッコスの信女ー浄化へのプレリュード』は悲劇の歴史を呼びこみ分解しながら、期待されるナラティブや合理的な解釈からひらりと身をかわす。パフォーマーたちは、音を操ることあるいは音に操られること、ダンスのムーブメント、グロテスクな表情、演劇的な身振りを自在に横断する。マレーネ・モンテイロ・フレイタスが築く、豊穣で力強い世界のなかで。

マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪 マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』 ロームシアター京都 撮影:浅野豪
YEAR
2018
DATES
10.20(土)-10.21(日)
VENUE
ロームシアター京都
サウスホール
DURATION
135分
CITY
リスボン、ポルトガル
CATEGORY

マレーネ・モンテイロ・フレイタス
Marlene Monteiro Freitas

VIEW MORE

1979 年カーボベルデ生まれ。ダンサー・振付家。P.A.R.T.S.(ブリュッセル)やEscola Superior de Dançaおよびカルースト・グルベンキアン財団(リスボン)でダンスを学ぶ。リスボンを拠点に、開放性/不純物/強度といった共通点を持つダンス作品を多数発表している。フレイタスはKYOTO EXPERIMENT 過去参加アーティストでもあるセシリア・ベンゴレア、フランソワ・シェニョーやボリス・シャルマッツを始めとする、多くのダンサーとコラボレーション。2005年以降、国際的なフェスティバルなどで広く活動し、ポンピドゥーセンター(フランス)やHAU Hebbel am Ufer(ドイツ)で10以上の共同製作作品をつくってきた。2017年には、『Jaguar』(2015年)がポルトガル作家協会の最優秀振付賞を受賞。2018年のヴェネチア・ビエンナーレでは舞踊部門で銀獅子賞を受賞している。

www.cargocollective.com/marlenefreitas

振付マレーネ・モンテイロ・フレイタス
出演アンドレアス・メルク、べティ・チョマンガ、クッキー、クラウヂオ・シルヴァ、フローラ・デットラス、ゴンサロ・マルケス、ギヨーム・ガルディ・デ・ソオス、ヨハネス・クリガー、ランダー・パトリック、マレーネ・モンテイロ・フレイタス、ミゲル・フィリペ、トマーシュ・モイタル、ヤー・テンべ
照明・空間ヤニック・フアシェ
音響ティアゴ・セルケイラ
スツールジョアン・フランシスコ・フィゲイラ、ルイス・ミゲル・フィゲイラ
リサーチマレーネ・モンテイロ・フレイタス、ジョアン・フランシスコ・フィゲイラ
制作P.OR.K(リスボン)—ブルーナ・アントネッリ、サンドラ・アゼベエド
配給Key Performance(ストックホルム)
共同製作TNDMII(リスボン)、クンステンフェスティバルデザール(ブリュッセル)、シュタイヤーマルクの秋のフェスティバル、アルカンタラ・フェスティバル(リスボン)—以上 NXTSTP – EU文化プログラム助成、ノーアランズ・オペラ(ウメオ)、モンペリエ・ダンス・フェスティバル 2017、Bonlieu Scène nationale Annecy & La Bâtie - Festival de Genève in the framework of FEDER - programme Interreg France-Suisse 2014 - 2020、Teatro Municipal do Porto、Le Cuvier – Centre de Développement Chorégraphique(ヌーヴェル=アキテーヌ)、HAU劇場(ベルリン)、ハンブ ルク国際サマーフェスティバル、アテネ・エピダウロス・フェスティバル、ミュンヘン・カンマーシュピーレ、Kurtheater Baden、スプリング パフォーミング・アーツ・フェスティバル(ユトレヒト)、チューリヒ・シアター・スペクタクル、Nouveau Théâtre de Montreuil – 国立演劇センター、Les Spectacles Vivants/ポンピドゥーセンター
レジデンシーサポートO Espaço do Tempo(モンテモル=オ=ノボ、ポルトガル)、Montpellier Danse à l ́Agora, cité internationale de la danse ; ICI - centre chorégraphique national Montpellier - Occitanie / Pyrénées-Méditerranée / Direction クリスチャン・リゾー - dans le cadre du programme de résidence Par/ ICI(モンペリエ)
謝辞クリスティーナ・ナービス、アラン・ミーカス、ブルーノ・コエロ、クリストフ・ジュリアン、ルイ・ル・リスベ、マヌ・ プロトポポフ、ACCCA – Companhia Clara Andermatt(リスボン)、ESMAE(リスボン)、ESTC(リスボン)
主催KYOTO EXPERIMENT