NEWS

KEX10thを振り返る有志の会「KYOTO EXPERIMENTの10年をみんなでふりかえる」

2020.1.15

10年という節目の年を迎え、KYOTO EXPERIMENT初回からプログラムディレクターを務めてきた橋本裕介が退任し、2020年からは塚原悠也、ジュリエット・礼子・ナップ、川崎陽子のディレクター3名によるコレクティブ体制へと移行します。この新たな変化を前にして、これまでのKYOTO EXPERIMENTの10年間を振り返り、次の5年、10年を展望するシンポジウムが「KEX10thを振り返る有志の会」によって開催されます。

第一部は、アーティスト、制作者・プロデューサー、批評家それぞれの視点からKEXを語る計4本のディスカッション(アーティスト編のみ2回)を。第二部では、第一部で示されたテーマや問題を軸としながら観客も交えた全員でのフリーディスカッションを行います。

詳細はこちら

 

開催日時|
2月1日(土)12:00〜18:00(途中休憩あり、受付開始は11:30を予定)

場所|
京都芸術センター 2F大広間

入場料|
1000円(入退場自由)

 
タイムスケジュール(予定)
12:00〜14:30 第一部 ディスカッション[アーティスト編 #1 #2/制作者編/批評家編 (各40分を予定)]
14:30〜15:30 休憩
15:30〜18:00 第二部 フリーディスカッション

登壇者(予定)|
塚原悠也、高嶺格、倉田翠、ジゼル・ヴィエンヌ、筒井潤、川崎陽子、丸岡ひろみ、コ・ジュヨン、森山直人、高嶋慈、高橋宏幸、岩城京子…and more!

司会進行|島貫泰介(KEX10thを振り返る有志の会代表)

 
主催|KEX10thを振り返る有志の会
共催|京都芸術センター
協力|京都文化芸術コア・ネットワーク、KYOTO EXPERIMENT

お問い合わせ|
kex10th アット gmail.com (※アットを@に変えてご連絡ください)

一覧へ戻る