公開日をクリックしてください

9/
22
23
24
25
26
27
28
29
30
10/
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
公演スケジュール

フリンジ“PLAYdom↗”(プレイダム)

KYOTO EXPERIMENT 2012では、今年もフリンジ・パフォーマンス企画として、元・立誠小学校を会場に3週間にわたって新進気鋭の若手アーティストたちの作品を連続上演します。演出家・杉原邦生のコンセプトのもと、今回は「そら」をテーマに2つの劇場空間が出現。音楽室は床面が「空」の絵で覆われ、講堂はKUNIO10『更地』の舞台空間がそのまま引き継がれます。それぞれの空間にアーティストたちが「FREEDOM=自由」な発想で挑む多彩な「PLAY」をお見逃しなく!

KYOTO EXPERIMENT 2012フリンジ“PLAYdom↗”公式ウェブサイトへ


KYOTO EXPERIMENT 2012フリンジ“PLAYdom↗”公式ウェブサイトへ

もっと➚もっと➚遊ぶ。

僕は〈自由〉っていう言葉がよく分かんないなーと思うことがあります。
〈自由〉は常に〈不自由〉という言葉の上にしか存在できないんじゃないかと思うからです。
例えば、とある部屋で「自由に過ごしてください」と言われても、部屋という限られた空間の中でそこにあるものでしか時間を過ごすことができない。
つまり、〈自由〉ってものは、サイコーに〈不自由〉な状態のことを言うんじゃないかと、ふと思うんです。

僕は、劇場という場所はサイコーの〈遊び場〉だと言い続けてきました。
そして、その遊び場でマジにガチで〈遊ぶこと=PLAYすること〉が《演劇》だと言い続けてきましたし、その考えはいまも変わりません。
でも不意に、もっと〈自由〉に遊びたい!と思うことがあります。
もっともっと自由に〈PLAY=演劇〉したい!!
だから、今回はいままでよりもっと〈不自由〉な遊び場をつくりたいと思いました。
元・立誠小学校に出現する「そら」をテーマにした2つの空間は、どちらもアーティストにとって非常に扱いづらい空間になるのではないかと思います(笑)
でも、そこから、新たな〈自由〉が生まれるはず、そう僕は確信しています。

さぁ、みなさん、準備は良いですか?
あとはこの〈遊び場〉に来てくださるお客様と一緒に、HAPPY♥でFREEDOMな時間を過ごせれば、それこそが僕の思う《演劇》の真髄、僕が願う〈劇場〉の姿です。
テンション上げまくって↗遊びに来てください!!!!!


【PLAYdom↗】コンセプト 杉原邦生

プログラム

このページのトップへ戻る